2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ハクソーリッジ 感想 レビュー 70点


Sponsored Link

ハクソーリッジ 映画





(70%)

邦題 ハクソー・リッジ
原題 Hacksaw Ridge
監督 メル・ギブソン
脚本 ロバート・シェンカン, アンドリュー・ナイト
製作 デヴィッド・パーマット, ビル・メカニック, ブライアン・オリヴァー, ウィリアム・D・ジョンソン, ブルース・デイヴィ, ポール・カリー, テリー・ベネディクト
製作総指揮 デヴィッド・グレートハウス, スチュアート・フォード, タイラー・トンプソン, エリック・グリーンフェルド, リック・ニシータ, レン・ブラヴァトニック, アヴィヴ・ギラディ, ローレンス・ベンダー, クリストファー・ウッドロウ, マイケル・ベイシック, ジェームズ・M・ヴァーノン, バディ・パトリック, スザンヌ・ウォーレン, レニー・コーンバーグ, マーク・C・マニュエル, テッド・オニール
出演者 アンドリュー・ガーフィールド, サム・ワーシントン, ルーク・ブレイシー, テリーサ・パーマー, ヒューゴ・ウィーヴィング, レイチェル・グリフィス, ヴィンス・ヴォーン
音楽 ルパート・グレグソン=ウィリアムズ
撮影 サイモン・ダガン
編集 ジョン・ギルバート
製作会社 クロス・クリーク・ピクチャーズ, デマレスト・メディア, アージェント・ピクチャーズ, パンデモニウム・フィルムズ, パーマット・プロダクションズ, AIフィルム・プロダクションズ, ヴェンディアン・ピクチャーズ, キリン・ピクチャーズ
公開 2016年11月4日(アメリカ), 2017年6月24日(日本)
上映時間 139分


ハクソーリッジ 感想 レビュー


第二次世界大戦で武器を持たずに戦場に出て、負傷者75名を救った衛生兵の実話に基づく映画・ハクソー・リッジの感想です。
ハクソー・リッジとは、沖縄の浦添城址の南東にある「前田高地」と呼ばれた日本軍陣地で、激戦地となった戦場です。
ハクソー (Hacksaw) は弓鋸を意味していて、リッジは崖のようです。
ほぼ垂直の高い壁のような崖で、米軍の沖縄侵略において非常な激戦を強いられた場所のようです。

衛生兵を演じた主演の好青年、見たことあると思ったら、アメイジングスパイダーマンのピータ―ですね。
平時では寡黙で穏やかでニコニコしたのっぽの青年ながら、誰より固い意志の持ち主で、戦場で超人的な働きをする役を見事に演じていました。
しかし、第二次世界大戦の時代の米軍で、銃を持たないことが許されたんですね。
米軍に志願したのに信念のために銃を持ちたくないと言い張ったら、軍法会議にかけられてしまうのも時代背景を考えたら本当にあったんだろうなと思います。
もっと理不尽なことがいくらでもまかり通った時代ですからね。
でも、そんな中銃を持たずに衛生兵として戦場に出て 75 人もの負傷者の命を救った人が実在したなんて驚きました。
まさに英雄ですね。

しかし、体と心に重傷を負った人たちは、治療で体は戻っても心が戻ったかは疑問。
せっかく助かった命とはいえ、PTSD になる方も多かったと聞きますし、戦後に日常に戻ることの方が大変そうですね。

本作では沖縄を守る日本人が残酷な適役として描かれていますが、日本人に対する畏敬の念のようなものも描かれていたように思います。
「奴らは死を恐れない。」という発言や、戦艦からの砲撃の後、「やつらもこれで全滅だろう。」「いや、奴らにはあてはまりません」のような言葉が、死を恐れず襲ってくる日本兵の恐怖を物語っていますし。
実際、日本兵の方がはるかにじり貧だったと思うんですよね。
次から次に兵士を投入してきて、戦艦からの爆撃なども駆使してくる米軍に対して、日本兵は食べる者すら困って武器もなく、この映画でも後半なんて裸一貫で突撃してきて、銃を持つ米軍兵士に対して銃剣の剣で戦っていましたからね。

戦争の残酷さがこうやってたびたび映画になることで、戦争に対する負のイメージが広がって、戦争の目が少しでも多く摘まれることを願います。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ