2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

パイレーツ・オブ・カリビアン最後の海賊 あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

パイレーツ・オブ・カリビアン最後の海賊 あらすじ ネタバレ





パイレーツ・オブ・カリビアン最後の海賊のあらすじ(ネタバレ)です。

ウィリアム・ターナー・ジュニア (オーランド・ブルーム) とエリザベス・スワン (キーラ・ナイトレイ) の息子・ヘンリー・ターナー (ブレントン・スウェイツ) は、一人で海に出ていた。
海に呪われたフライング・ダッチマン号に船長として乗り込む父に一目会うためだった。
ヘンリーは自分の足に重しをつけ、見事海中を進むフライング・ダッチマン号に乗り込み、父親のウィルに合うことができた。
海の呪いを解くことはできないと拒むウィルに対し、ヘンリーは必ず呪いを解くと宣言し、海上に戻った。

9 年後、英国海軍の下っ端乗組員になっていたヘンリーは、自分の船が海賊を追って魔の三角海域に入っていこうとするのを止めるために船長に直訴したところ、反逆罪でつかまってしまった。
ヘンリーの不安もむなしく、船は魔の三角海域に突入し、生ける亡霊としてさまよっていた “海の処刑人” アルマンド・サラザール (ハビエル・バルデム) 船長達の手で皆殺しになってしまった。
サラザールは、ヘンリーが持っていた懸賞首のリストにジャックスパロウが載っているのを確認すると、生き証人として命を取らない代わりに、ジャックスパロウを探し出して自分の元に連れてくるように命令した。

ヘンリーは陸に上がると、反逆者として英国海軍につかまってしまったが、魔女と間違われてお尋ね者になっていた美辞科学者のカリーナ・スミス (カヤ・スコデラリオ) によって助けられた。
ヘンリーを助けたためにつかまってしまったカリーナと、普通に銀行強盗などやらかしてつかまっていたジャックスパロウがたまたま同じ広場で公開処刑されそうになっていたところを、ヘンリーとジャックの船員たちが力を合わせて助け出した。
次の宝物を決めかねていたジャック達は、ヘンリーとカリーナを捕まえて、カリーナの持つ “見えない宝の地図” が指し示す財宝を目指すことにした。

そのころ、ジャックの宿敵ヘクター・バルボッサ (ジェフリー・ラッシュ) は、サラザールに船を襲われていた。
呪いのせいで不死の軍団と化していたサラザールに手も足も出ないバルボッサは、魔女シャンサ (ゴルシフテ・ファラハニ) の力でサラザールがジャックを追っていることを知っていたため、ジャックを目の前に突き出すことを条件に生きながらえることに成功した。
バルボッサはコンパスの力でジャックを追った。

海に出たジャック達は、早速バルボッサに見つかってしまったが、サラザール達の “陸に上がると消滅してしまう呪い” のおかげでなんとか逃げ延びることができた。
バルボッサはサラザールを倒すためのポセイドンの槍を手に入れるためにカリーナに地図を読ませて宝の場所に船を向かわせた。
その途中、雑談の中から、カリーナが自分の実の娘であることがわかってしまった。

島に着いたジャック達は、謎を解いてポセイドンの槍を手に入れた。
ポセイドンの槍を破壊することでサラザール達の呪いは解けたが、呪いが解けて生身の体になってしまったサラザール達は海に飲み込まれてしまった。
サラザール達から逃げ延びるときに、カリーナを救うためにバルボッサは自分の身を犠牲にして海に落ちた。
ヘンリーはカリーナと恋人になった。
また、ポセイドンの槍が破壊されたことで、ウィルの呪いも解けて、再会したエリザベスと幸せに暮らすことになった。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ