2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

キング・アーサー あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

キング・アーサー あらすじ ネタバレ





キング・アーサーのあらすじ(ネタバレ)です。

イングランド王国の王ユーサー・ペンドラゴン (エリック・バナ) は、魔術師マーリン (カミール・レミエゼウスキー) から授かった聖剣エクスカリバーの力を使い、王国の転覆を企んだ強力な魔術師モルドレッド (ロブ・ナイトン) から王国を救った。
しかしユーサーは、、モルドレッドと手を組んでいた、ユーサーの弟ヴォーティガン (ジュード・ロウ) によって殺されてしまった。
ユーサーの一人息子の王子アーサー (チャーリー・ハナム) は、なんとか一人逃げ延びることができ、売春宿の心優しき女性たちに拾われた。

スラム街で育ったアーサーは、格闘能力とユーモアに秀でたスラム街のガキ大将のような青年に育っていた。
いつからともなく、イングランド王国内には、「真の王様が現れて現王であるヴォーティガンを討ち取る」という噂が流れるようになった。
また、噂が流れ始めるのと同じころに、王国の隣にある湖の水が引き、岩に刺さった聖剣エクスカリバーが姿を現した。
兵士たちはエクスカリバーを引き抜こうとやっきになったが、誰も引き抜くことができず。
噂を機にしたヴォーティガンは、町中の男たちを集めてエクスカリバーを引き抜くことができる男を探し始めた。

たまたま兵士につかまってしまったアーサーは奴隷船のように人が詰まった大型の船に乗せられ、エクスカリバーのある場所に連れていかれた。
誰も期待していない中、エクスカリバーを引き抜いてしまったアーサーは、エクスカリバーによってよみがえってきた幼き日の辛い記憶を走馬灯のように見て、意識を失って倒れてしまった。

ヴォーティガンは、アーサーを見せしめとして民衆の前で処刑しようとしたが、マーリンの一味である女性魔術師メイジ (アストリッド・ベルジュ=フリスベ) 達の協力により、なんとか逃げ延びることができた。
逃げ延びたアーサー達はレジスタンスの隠れ家に行ったが、アーサーはヴォーティガンから国を取り戻そうという気はさらさらなく、エクスカリバーの力も引き出せずにいた。

アーサーがエクスカリバーの力を使いこなせるようになるためには、ブラックアイランズに連れて行く必要があると考えたメイジは、ベディヴィア (ジャイモン・フンスー) 達の反対を押し切ってアーサーをブラックアイランズに連れて行った。
ブラックアイランズで、アーサーは過酷な大自然と巨大な生物 (コウモリ、ネズミ、蛇など) と戦いながら、エクスカリバーを持てるようになっていった。
王国の奪還には乗り気じゃなかったアーサーだったが、自分が生まれ育った町が王国の兵士たちに蹂躙されていることを知ったアーサーは、ヴォーティガンを倒す気になってきた。

アーサーはレジスタンスの人たち、街の人たちの力を借りて、エクスカリバーを使って王国の兵士たちと戦った。
ヴォーティガンは、ユーサーを討ち取った時と同様に、城の地下の湖に住む魔物に大事な人 (最愛の娘) の命をささげて悪魔の力を手に入れて戦ったが、真のエクスカリバーの力を引き出したアーサーにはかなわず、倒された。
アーサーはヴォーティガンから王国を取り戻し、イングランド王として国を統治することになった。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ