2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

22年目の告白-私が殺人犯です- あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

22年目の告白-私が殺人犯です- あらすじ ネタバレ





22年目の告白-私が殺人犯です-のあらすじ(ネタバレ)です。

謎解きミステリー系でしたが、割と内容は先読みがしやすく、布石をしっかりと回収していけば、意外性はとくになく素直が映画だったと思います。
一個一個布石を巻いていき、丁寧に回収していった映画。こういう丁寧なつくりの映画って好きです。
原作は未読なので映画と比較できませんが、映画だけでもしっかりまとまっていて完結したと思います。

しかし、最初にほぼほぼ筋書きが読めて、ほぼ想定通りの展開だったのですが、藤原竜也さんがタクミの整形後の姿ってところだけ外れました。
タクミが整形という展開も考えましたが、それだとちゃち過ぎるので、殉職した先輩刑事の息子かなと思っていました。
ま~でも冒頭の曾根崎の傷だらけの体と飛び降りが一致するので、そこの回収忘れと言われたら反論できない。ちょっと悔しいですが。


1995 年の 5 人連続絞殺事件は、警察の捜査の甲斐なく、時効を迎えた。
時効後数カ月がたったときに、一人の男が真犯人だと名乗り出て、連続殺人に関する書籍を出版した。
男の名前は曾根崎雅人 (藤原竜也)。

曽根崎は瞬く間に時の人となり、本は飛ぶように売れた。
当時事件を追っていて、敬愛する先輩を目の前で失った刑事の牧村航 (伊藤英明) は、曽根崎に対して激しい怒りを抱いていたが、すでに事件は時効となっているために、表立って行動することができなかった。
曽根崎は被害者をあざ笑うかのように、被害者の前で心のこもらない土下座をして見せたり、アイドルのようにサイン会を開いたりとやりたい放題で、話題性はさらに大きくなっていった。
ついには、元戦場カメラマンの人気キャスター仙堂俊雄 (仲村トオル) が担当する定番ニュース番組・NEWS EYES に生放送で出演することが決まった。

曽根崎が生放送に出演する少し前に、YouTube に犯人しか撮影できない映像がアップされ、そこに牧村の妹の姿があった。
曽根崎は、仙堂の鋭い突っ込みに対して同様に的確に返答することができなかった。
後日、真犯人を名乗る男から、曽根崎と牧村を NEWS EYES に呼び、生放送するならテレビに出演してやると言った内容のコメントが寄せられた。
急きょ生放送が企画され、真犯人を名乗る男が覆面をかぶり、声を変えてスタジオに現れた。
さらに、心犯人を名乗る男が持ち込んだ動画には、牧村の妹の牧村里香 (石橋杏奈) が絞殺される瞬間が収められていた。

動画を見た曽根崎は、覆面の男に襲い掛かり、殺そうとした。
実は曽根崎は牧村の妹の婚約者の小野寺拓巳 (野村周平) であり、復讐を果たすために牧村と協力し、犯人を名乗り出たということだった。
しかし、覆面の男は真犯人から依頼を受けてテレビにでてきただけの男であり、犯人ではなかった。
里香の復讐のために一度は飛び降り自殺を図り、整形手術で顔を変え、戸籍まで偽装した拓巳の努力は報われず、振出にもどってしまった。

しかし、曽根崎には一つの疑念が浮かんでいた。
仙堂の自宅訪問の番組に乗じて仙堂宅に忍び込み、仙堂が真犯人であることを割り出した。
仙堂は戦場カメラマン時代に親しいともを目の前で絞首殺人され、自分だけが生き残った体験から暗い闇を抱え、自分と同じ体験をした仲間を見つけ、自分を殺させるために殺人を犯したということだった。
曽根崎は仙堂を殺そうとしたが、駆け付けた牧村から、仙堂が里香を殺した時間は 0 時を過ぎており、時効は成立していない旨を聞いて、手を緩めた。
仙堂は殺人犯として逮捕され、曽根崎はどこか遠くに旅立った。

収監されていた仙堂の元に、仙堂に母親を殺された男がナイフをもって襲い掛かった。
そこで映画は終了。

最後のシーンは蛇足だったかな。
もう少し違う感じでも良かったと思います。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ