2017年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

美女と野獣2017 あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

美女と野獣2017 あらすじ ネタバレ





美女と野獣2017のあらすじ(ネタバレ)です。

2017 年公開のエマ・ワトソン版美女と野獣のあらすじは、ディズニーアニメ版の美女と野獣を忠実に守っていました。

フランスのとある城。美しいものが大好きで傲慢な王子が、毎日舞踏会を開き、贅沢の限りを尽くした生活を送っていた。
ある日舞踏会の最中に醜い老婆がやってきて、「嵐で道に迷ったので一晩止めてほしい。お礼として一輪を渡す」と願いました。
王子は一笑にふし、老婆を追い出そうとしたとき、老婆は美しい魔女に姿を変え、城全体に呪いをかけました。
王子は野獣に姿を変え、召使たちは物に姿を変え、城全体は古臭くなり、近隣の住人たちから城に関する記憶を奪い去りました。
呪いを解くためには、バラの花びらがすべて落ちる前に、王子が愛し愛されることを学ばなければいけないと告げ、魔女は城を去りました。

城の近くのヴィルヌーブ村には、絶世の美女だけど本の虫で代わりのものベル (エマ・ワトソン) が住んでいました。
ベルの父のモーリス (ケヴィン・クライン) は、森を超えようとしたときに道を間違えてしまい、野生のオオカミに追われて野獣 (ダン・スティーヴンス) の住む城にたどり着いてしまいました。
野獣に追い返されて城から逃げ出したモーリスでしたが、ベルへのお土産用のバラを摘んだため、盗人として野獣に投獄されてしまいました。

モーリスのことが心配になったベルはモーリスの後を追って城に入っていき、寒い牢獄で凍えるモーリスを発見。
野獣と交渉し、自分がモーリスの代わりに投獄されることを申し出た。
最初は野獣を恐れ、粗暴な野獣に嫌悪感を抱いていてベルだったが、次第に野獣の繊細な心に惹かれるようになり、野獣との距離は近くなっていった。

一方、村に帰ったモーリスはベルを救いだすために村の住人を説得しようとしたが、野獣の存在を信じない村人に、頭がおかしくなったと思われて精神療養施設に送られることになった。
魔法の鏡で父の危機を知ったベルは、野獣の許しを得て城から抜け出し、父の元に向かった。
父は正気だということを示すために魔法の鏡で野獣の姿を映し出したベルだったが、野獣の姿を恐れた住人が血は、単細胞で暴力的でベルに想いを寄せる怪力男・ガストン (ルーク・エヴァンス) の号令の下にしろに攻めて行った。
住人たちと城の食器たちの全面戦争がはじまり、ガストンは、ベルと離れて意気消沈した野獣を銃で何発も打ち抜き弱らせた。
しかし、ベルが駆けつけると野獣は生気を取り戻し、ガストンを倒した。
野獣に殺されそうになったガストンだったが、ベルによって改心した野獣がガストンの逃がすと、ガストンは野獣にとどめの銃を撃ち、野獣の命を奪った。
ガストンは足を踏み外して落下し、野獣はベルの手の中で息を引き取った。

そこに魔女 (ハティ・モラハン) が現れ、城の呪いを解くと、野獣は王子の姿に戻り、城の執事たち、城の外観などもすべて呪いがかかる前の状態に戻った。
王子とベルは幸せに暮らした。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ