2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

この世界の片隅に あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

この世界の片隅に あらすじ ネタバレ





この世界の片隅にのあらすじ(ネタバレ)です。

のんびりやのうっかりやで、絵を描くのが大好きな女の子・すず (のん) は、18 歳のときに広島から軍港のある呉の北條家に嫁いできた。
まだ 18 歳のすずは、家事や炊事、裁縫もそれほど得意で放ったが、一生懸命に家事をこなし、生来の人懐っこさですぐに北條家に打ち解けていった。

そんな中、すずの旦那である北條周作 (細谷佳正) の姉・黒村径子 (尾身美詞) が、娘の黒村晴美 (稲葉菜月) を連れて北條家に帰ってきた。
径子はてきぱきと何でもこなすタイプで、のんびりやのすずとはなんとなく馬が合わず、居心地の悪さを感じるようになった。
径子は、時計屋の若旦那と結婚したが、若旦那は早いうちに亡くなってしまったらしい。
旦那がなくなった後も時計屋で暮らしていた径子だったが、攻撃的な性格のために姑とそりが合わず、ついに離縁して北條家に帰ってきた。
しかし、すずの周りを和まず雰囲気が功を奏し、晴美とはすぐに仲良くなった。
また、気分屋で攻撃的な径子とも次第に打ち解けていく。

戦争は激化の一途をたどり、配給の量も次第に少なくなっていく日々だったが、すずはめげずに食用の草や工夫をこなし、毎日けなげに頑張って過ごしていた。
突然、周作の父の円太郎 (牛山茂) が行方不明になり、数日家に帰らない日があった。
戦争中のため、円太郎の身を案じた家族だったが、円太郎は腹部を撃たれ、頭を打ってはいたが命は無事で、病院で意識を失っていたということだった。
円太郎の見舞いのついでに、径子は円太郎の時計を直してもらいに離縁した家に寄り、すずと晴美は円太郎の見舞いに向かった。
ちょうど悪いタイミングで空襲があり、すずと晴美は防空壕の中に避難した。
なんとか空襲を乗り切り、病院に向かって歩き出したすずと晴美だったが、偶然時限式の不発弾が二人のそばに落ちており、二人は爆発に巻き込まれてしまった。
幼い晴美は爆発の直撃を受けてなくなり、すずも片腕を失った。

径子はすずを恨み、すずも自暴自棄となっていた。
いつまでも呆けていられないとけなげに頑張るすず。空襲の頻度は多くなり、日に何度も空襲があるようになってきた。
片腕の生活にも慣れてきて、広島の実家に一度顔を出そうかと思ったとき、突然空が明るく光り、暴風が起きたと思うと、広島の方で大きなきのこ雲ができていた。
すずたちは、ついにラジオで玉音放送を聞き、日本の敗戦を知った。

珍しく激高するすず。
広島の実家に行くと、両親はすでに亡くなっており、妹の体もむしばまれていた。
呉に帰る途中、周作と会い、道でおにぎりを食べていると、原爆の際に母を亡くした幼い少女が近寄ってきた。
ひどい姿で行き場のない少女をすずと周作は北條家に連れて行き、一緒に暮らすことになった。

この世界の片隅ににはいろんなエピソードが含まれていたので、あらすじを書くのが難しく、いつも以上にうまく表現できませんでした。。。
ただ、映画本編は丁寧で優しい絵と音楽で描かれていて、とても素晴らしい映画でした。
戦争とは間反対の平和的でのどかなすずが、残酷な戦争の現実に直面しつつ、けなげに一生懸命生きていく姿は、強く胸に訴えかけるものがありました。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ