2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

グレートウォール 感想 レビュー 65点


Sponsored Link

グレートウォール 映画





(65%)

邦題 グレートウォール
原題 The Great Wall / 長城
監督 チャン・イーモウ
脚本 カルロ・バーナード, ダグ・ミロ, トニー・ギルロイ
原案 マックス・ブルックス, エドワード・ズウィック, マーシャル・ハースコビッツ
製作 トーマス・タル, チャールズ・ローヴェン, ジョン・ジャシュニ, ピーター・ロア
製作総指揮 ジリアン・シェア, アレックス・ガートナー, E・ベネット・ウォルシュ
出演者 マット・デイモン, ジン・ティエン, ペドロ・パスカル, ウィレム・デフォー, アンディ・ラウ
音楽 ラミン・ジャヴァディ
撮影 スチュアート・ドライバーグ, チャオ・シャオティン
編集 メアリー・ジョー・マーキー, クレイグ・ウッド
製作会社 レジェンダリー・ピクチャーズ, アトラス・エンターテインメント, 楽視影業, 中国電影集団
公開 2016年12月15日(中国), 2017年2月17日(アメリカ), 2017年4月14日(日本)
上映時間 103分

グレートウォール 感想 レビュー


マット・デイモン主演の映画、グレートウォールの感想です。
万里の長城を舞台に、大群をなす怪物・饕餮(とうてつ)と中国人との闘いに、火薬目当てで現れた傭兵が巻き込まれていき、怪物たちと戦う話です。
怪物の造形も良く、闘いのシーンも多くて見ごたえあり、自分としては結構楽しめました。

莫大な予算をかけて制作した中国・アメリカの合同制作映画のようですが、評価はいまいちのようですね。
とはいえ、製作費 $150,000,000 で、興行収入が製作費の倍以上の $330,650,090 なら悪くなかったのかな。
アクションシーンは見ごたえあってそこそこ楽しめたのですが、ストーリーが全然ないし、盛り上がりもなく平坦に終わってしまったのが惜しかったですね。

全然違うストーリーですが、本質が似た映画として、トレマーズがあると思います。
でも、トレマーズの方が 15 年以上も前の映画で、製作費は本作の 10 分の 1 程度ですが、正直トレマーズの方がはるかに面白いです。

あえて比較して考えると、
身近に感じる恐怖がない。
トレマーズなんて、見終わった後はしばらく地面を歩くのが怖かった記憶がありますが、本作はどこか全然別の場所の作り話という感じが強くて、見ていて怪物の恐怖を感じない。
カメラワークを工夫したり、ただの 4 足歩行の怪物ではなく、もっとどこから現れるかわからない神出鬼没の恐怖感を出したり、魅力的なキャラクターや個性的なキャラクターを出してあえて生贄にしたりという試みがあっても良かったかもしれません。

あと、物語に盛り上がりがない。これはつらい。
話がなんとなく進んでいってなんとなく終わるだけなので、メリハリつけられなかったのかな?
何が悪いっていうのが難しくて自分にはわからないのですが、とにかく盛り上がり部分がいまいち感じられなかったのはもったいなかったと思います。

逆に良いところは、怪物の大群と古代中国の甲冑に身を包んだ大群の戦いは迫力があって面白かったです。
怪物の造形もなかなか良かったと思います。
アクションシーンも多くて面白かったです。

まとめますと、グレートウォールは怪物との戦闘シーンが多くて見ごたえあったのですが、ストーリーが薄くて映画全体としては標準点をやや下回る感じにとどまってしまった、惜しい映画だと思います。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ