2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ゴースト・イン・ザ・シェル あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

ゴースト・イン・ザ・シェル あらすじ ネタバレ





ゴースト・イン・ザ・シェルのあらすじ(ネタバレ)です。

乗っていた救助船がテロリストに襲われ、両親と自分の体を失ったミラ・キリアン少佐 (スカーレット・ヨハンソン) は、世界で初めて完全機械化された体と人間の脳を持った存在になった。
ミラ少佐は警察の公安 9 課に配属され、日夜サイバーテロリストと戦う生活を送っていた。

ある日、サイボーグ化を推し進める超巨大会社のハンカ・ロボティックス社の役員がハッキングされたロボットに襲われる事件が発生した。
ミラ少佐は、テロリストの居場所を突き止めるため、犯行を行った芸者ロボットのメモリーにダイブした。
芸者ロボットからテロリストの居場所を突き止めたミラだったが、その日から視界にノイズが入るようになる。
ミラ少佐に取って生みの親同然のオウレイ博士 (ジュリエット・ビノシュ) はただのバグだと言って気にもとめなかったが、ミラは日に日にひどくなっているノイズに対して、なんとなく違和感を覚えていた。

ミラ少佐が突き止めたテロリストに関する情報から、テロリストの居場所を突き止め、公安 9 課のバトー (ピルー・アスベック) やトグサ (チン・ハン) と共にクラブに潜入したが、それはテロリストのクゼ (マイケル・ピット) の罠であり、ミラ少佐とバトーは爆弾で吹き飛ばされてしまった。
ミラ少佐は機械の体だったために修復できたが、バトーは両目を失い、超高性能のスコープを目の代わりに埋め込んだ。

その後もテロリストの犯行は続き、ハンカ社の博士達が次々と殺されていった。
ミラ少佐は次に襲われるのがオウレイ博士である可能性が高いと予想して、見事オウレイ博士を襲うテロリストを追い詰めて逮捕することができた。
テロリストは脳をハッキングされて操り人形になっていただけだったが、突然クゼがテロリストの意識を奪い、ミラ少佐に話しかけてきた。
その時の通信を逆探知してクゼの居場所を割り出し、クゼとの接触に成功するが、その場は逃げられてしまった。

ミラ少佐は、クゼと接触した際に、クゼはミラ少佐の前の被験者であり、失敗作として廃棄処分されたために復讐を誓ったことを告げられた。
ミラ少佐はオウレイ博士を問い詰め、クゼの言うことが真実であることを知った。
ミラ少佐がオウレイ博士から真実を聞いたことを知った、ハンカ社代表取締役のカッター (ピーター・フェルディナンド) は、厄介事が起こる前にミラ少佐を処分することを決定し、オウレイ博士に処分を執行させた。
オウレイ博士は命令に従うふりをしてミラ少佐を助け、ミラ少佐にメモリーディスクを渡した。

ミラ少佐はその場を逃げ出し、メモリーディスクに記憶されていた場所に向かった。
そこは一般人の住むマンションがあり、初老の女性が一人で住んでいた。
そこで、自分が草薙素子という女性であり、目の前の初老の女性が自分の母親であることを知った。
ミラ少佐は記憶を頼りに、生身の体だったときに仲間と住んでいた場所に行き、そこでクゼと出会った。
クゼと二人で話しているところおカッターに襲われ、ミラ少佐はカッターのよこした多脚戦車を破壊したが、クゼは殺されてしまった。

カッターはもみ消してきた黒い過去が明らかになり、荒巻大輔 (ビートたけし) 率いる公安 9 課に逮捕された。
ミラ少佐は引き続き公安 9 課としてサイバー テロリストから街を守るために戦い続ける。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ