2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ゴースト・イン・ザ・シェル 感想 レビュー 70点


Sponsored Link

ゴースト・イン・ザ・シェル 映画





(70%)

邦題 ゴースト・イン・ザ・シェル
原題 Ghost in the Shell
監督 ルパート・サンダース
脚本 ジェイミー・モス, ウィリアム・ウィーラー, アーレン・クルーガー
原案 士郎正宗, 『攻殻機動隊』
製作 アヴィ・アラッド, アリ・アラッド, スティーヴン・ポール, マイケル・コスティガン
製作総指揮 石川光久, 藤村哲哉, 野間省伸, ジェフリー・シルヴァー
出演者 スカーレット・ヨハンソン, ピルー・アスベック, ビートたけし, ジュリエット・ビノシュ, マイケル・ピット, チン・ハン, ダヌーシャ・サマル, ラザルス・ラトゥーエル, 泉原豊, タワンダ・マニーモ
音楽 クリント・マンセル, ローン・バルフェ
撮影 ジェス・ホール
編集 ニール・スミス, ビリー・リッチ
製作会社 ドリームワークス, リライアンス・エンターテインメント, アラッド・プロダクションズ, 上海電影集団公司, フアフア・メディア
配給 パラマウント映画(アメリカ), 東和ピクチャーズ(日本)
公開 2017年3月31日(アメリカ), 2017年4月7日(日本)
上映時間 107分


ゴースト・イン・ザ・シェル 感想 レビュー


超人気アニメ・攻殻機動隊の実写化映画・ゴースト・イン・ザ・シェルの感想です。
原作について詳しくは知りませんが、映画だけ見ると挑戦的な映画で結構面白かったと思います。
冒頭で少佐のボディが作られる映像や、芸者ロボットの手足が伸びて蜘蛛のからくり人形みたいになっているのが印象的でした。

ユニークな文化やハイテク映像は見ごたえがあり、独特の世界が築き上げられていて面白かったですし、内容も近未来 SF 映画に仕上がっていて面白かったと思います。
ややブレードランナーのにおいが強いかなと思いましたが、原作もそういうものなんですかね?
原作未読の一視聴者としては、本作はややストーリーが薄いけど、ユニークな文化や近未来に実現しそうな論争がテーマにされていて、名作とは言わないまでもそこそこ面白かったと思います。
本作はコアな原作ファンが多いように思うので、原作ファンとしてはどんな感想になるのかちょっと興味がありますね。

アメリカでは、わずか 2 カ月で打ち切られ、1.1 億ドルの製作費に対して国内興行収入は 4 千万ドル。興行的には手痛い大失敗だったみたいですね。
日本でも不評なコメントを多く見ますし、興行的には失敗だったのかな?
もともと源田区は実写に近いリアルなアニメだったので、実写化したら話題性があるのは必然ですが、コアなファンが多すぎてハードルも高かったんじゃないですかね。
日本のアニメとはいえ、内容的には日本よりもアメリカ向けな内容かと思っていましたが、そのアメリカでそこまで不評だったとは辛いですね。

映像がとてもきれいですし SF 映画の世界観が非常にうまく表現されているので、SF 映画好きには受ける映画だと思います。
一方で、SF 映画の世界観とかにあんまり興味ない方なら、あえて見たほうが良いとお勧めするほどの映画でもありませんでしたかね。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ