2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ダーク・プレイス あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

ダーク・プレイス あらすじ ネタバレ





ダーク・プレイスのあらすじ(ネタバレ)です。

世間を恐怖に陥れた一家惨殺事件の生き残りの少女・リビー・デイ (シャーリーズ・セロン) は、支援団体や個人からの多額の寄付金のおかげで働く必要もなく、堕落した生活を送っていた。
良い大人になったリビーは、寄付金も底をつき、何かお金になるようなことはないかと探していた。
そこに、殺人クラブという怪しげな団体から手紙が届き、一家惨殺事件について話をしてくれたらお礼を支払うという申し出があり、リビーは警戒しつつもお金欲しさで彼らの元を訪れた。

殺人クラブの会計係ライル・ワース (ニコラス・ホルト) は、リビーを殺人クラブの元に連れて行った。
そこにいたのは、過去の迷宮入りした殺人事件などを解明しようと奔走する弁護士や探偵、ボランティアなどの人たちだった。
リビーは、一家惨殺事件の殺人犯として服役中の実の兄・ベン・デイ (コリー・ストール)(若い頃は タイ・シェリダン) が、実は無実の可能性があり、あと 3 週間後にはすべての証拠が破棄されて無実を証明できなくなることを告げられた。
ベンが犯人だと信じていたリビーは、その言葉に我を忘れてその場を離れた。
しかし、真相について気になったリビーは、報酬の代わりに事件の真相解明に協力することにした。

服役中の兄の元を、28 年間で初めて訪れたリビーは、想像と違って穏やかな兄の姿に戸惑いを覚えた。
そして、兄の友人や事件とかかわりのある人物を一人一人探し出し、それぞれの証言を聞いていくうちに、すべての真相を知ったのだった。

女手一つで家族と農場を支えていた、リビーの母のパティ・デイ (クリスティーナ・ヘンドリックス) は、貧困に悩まされ、家族のためにプロの自殺請負人に依頼して殺人に見立てて自分を殺してもらい、保険金を遺族に残そうと計画していた。
事件の数日前から行方不明になっていた、リビーの兄の弁は、恋人のディオンドラ・ワーツナー (アンドレア・ロス)(若い頃は クロエ・グレース・モレッツ) の家に身を隠していた。
一家惨殺の日、ディオンドラはベンの子供を身ごもっていたため、二人で町を出るために、ベンは一度自宅に戻っていた。

そのとき、母親は自殺請負人に殺され、殺人現場を目撃してしまった次女も殺された。
また、ベンとディオンドラを目撃してしまった長女は、ディオンドラに首を絞められ殺された。
リビーは命からがら逃げだしたため、生き残ることができたのだった。
心の純粋なベンは、すべての受け入れたうえで、ディオンドラとおなかの子供のために真実を隠して口を閉ざし、刑務所に服役し続けていたのだった。

ベンは、無罪が証明されて釈放となり、ディオンドラは殺人容疑で逮捕された。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ