2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

バトル・オブ・ザ・リビングデッド 感想 レビュー 65点


Sponsored Link

バトル・オブ・ザ・リビングデッド 映画





(65%)

邦題 バトル・オブ・ザ・リビングデッド
原題 Evilution
監督 クリス・コンリー
製作 ブライアン・パトリック・オトゥール
脚本 ブライアン・パトリック・オトゥール
撮影 マシュー・ルーデンバーグ
音楽 アラン・ハワース
出演者 エリック・ピーター=カイザー, サンドラ・ラミレス, ティム・コルチェリ, ノエル・グーリーエミー, ジェームズ・デュバル, ネイザン・ベクストン, ジョナサン・ブレック
制作年 2008
上映時間 90分


バトル・オブ・ザ・リビングデッド 感想 レビュー



バトル・オブ・ザ・リビングデッドの感想です。
評価は低いようですが、はずれの多いゾンビ映画の中では、そんなに悪くなかったです。
雰囲気も良くて、普通に最後まで見られました。

画像とキャッチフレーズ「最強兵器、暴走」から、軍隊の兵士とゾンビが戦うシーンを想像しますが、そんなにシーンはほとんどなく、舞台のほとんどは古いマンションです。
軍隊で秘密のバイオ兵器を研究していた研究者が、軍隊から離れて一人古いマンションで研究を続けていたが、案の定薬品が元で人がゾンビ化し、次々と人を襲うという話。
ゾンビ映画ではよくある話ですね。

ぼろぼろの古いアパートは、こんなところに人が住んでるのか?と思うようなひどい建物で、雰囲気よしでした。
登場人物も少ないながら個性的なキャラクターが多く、結構楽しめました。
巨乳で色気むんむんの女の人も出てきて、ゾンビあるあるのエロ担当で頑張ってくれています。

オリジナルアイデアも何個か出てきましたし、悪くなかったと思います。
期待を上げすぎるとつまらないかもしれませんが、ゾンビ映画好きなら十分楽しめる及第点の映画だと思います。
面白い映画とまでは言えませんが、ゾンビ好きな方なら見ても良いかも。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ