2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

真田十勇士2016 あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

真田十勇士2016 あらすじ ネタバレ





真田十勇士2016のあらすじ(ネタバレ)です。

村人をだましていたのがばれ、村娘を拉致して古寺に隠れていた猿飛佐助 (中村勘九郎)。
そこに、天下の名将と名高い真田左衛門佐幸村 (加藤雅也) が一人でやってきた。
目の前で名刀村正を床におき、丸腰であることを強調し、娘を解放して自分を人質にするよう提案する幸村。
それを見た猿飛佐助は、幸村の知謀知略と勘違いし、降参する。

しかし、実は幸村は正真正銘凡人であり、天下で有名な知謀知略もただ運が良かっただけ、顔と声の良さから、なんでも良いほうに勘違いされて困っていると語った。
猿飛佐助はその話を面白がり、どうせなら大嘘を本当にしてしまわないか?と幸村に持ち掛ける。

佐助は、
佐助と同じく抜け忍の霧隠才蔵 (松坂桃李)、
才蔵の子分の三好清海 (駿河太郎) と三好伊三 (荒井敦史)、
おかまだけど腕の立つ筧十蔵 (高橋光臣)、
関ケ原からの生き残りで歴戦の猛者の由利鎌之助 (加藤和樹)、
実の息子の真田大助 (望月歩) と大助の剣術指南役の望月六郎 (青木健)、
算術の得意な海野六郎 (村井良大)
真田十勇士の名前を語っていたごろつきの根津甚八 (永山絢斗)
を仲間に加え、真田十勇士として天下に名前を広めた。

真田幸村と十勇士の名前は天下にとどろき、徳川家康 (松平健) に狙われていた豊臣秀頼 (永山絢斗) から声がかかって豊臣側として家康と戦うことになった。
凡人の幸村だったが、猿飛佐助と才蔵の知恵を借り、豊臣勢の中でも人望を高めていくのだった。

そして始まった大阪冬の陣では、真田十勇士の活躍が大きく、見事に徳川家康軍を撃破した。
しかし、和議の申し出と共に突き付けてきた条件は、大阪城の堀を埋めること。
豊臣秀頼の母・淀殿 (大竹しのぶ) は条件を飲んで和議を受け入れた。
しかし、つかの間の平和のために、堀をすべて埋めてしまい、大阪城は丸裸になってしまった。

堀が埋まったタイミングで徳川家康は再度大阪城を攻めに来た。
真田幸村と十勇士も抵抗するが、壮絶な討ち死にを果たす。
豊臣勢は多勢に無勢となり、ついに大阪城は落とされてしまった。

実はこの戦自体、徳川家康が反対勢力を一網打尽にするために淀殿を操って起こした戦であり、淀殿は息子である豊臣秀頼を生き残らせるためだけに仲間達の命を売ったのだった。
猿飛佐助と才蔵は、豊臣秀頼を逃がすために一芝居うって徳川勢をだまし、全滅したように見せて、なんとか豊臣秀頼を逃がすことに成功した。
淀殿はなくなった部下たちのために、一人炎にまみれて大阪城に残り、命を絶った。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ