2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

僕と世界の方程式 あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

僕と世界の方程式 あらすじ ネタバレ





僕と世界の方程式のあらすじ(ネタバレ)です。

幼い頃に自閉症と診断されたネイサン・エリス (エイサ・バターフィールド) には、天才的な数学のセンスがあった。
心を閉ざしがちなネイサンにとって良き理解者だった父親のマイケル・エリス (マーティン・マッキャン) はネイサンが幼いころに交通事故で亡くなってしまい、数字が苦手な母親ジュリー・エリス (サリー・ホーキンス) が女手一つでネイサンを育てた。
わずか 9 歳にして難解な数学の問題を解くネイサンを、学校の先生は元国際数学オリンピック参加者で高校教諭のマーティン・ハンフリーズ (レイフ・スポール) に紹介した。
マーティンは若いころに多発性硬化症を発症し、つえを突かないと満足に歩けないほど症状が重くなっていて人生に失望していた。
しかし、しぶしぶながらもマーティンはネイサンへの個別指導を受け入れ、自身の失敗をネイサンに晴らしてもらおうと、だんだんと真剣になっていった。

7 年後、16 歳になったネイサンは国際数学オリンピックの選抜試験にうかり、本選参加資格を得るために台湾での合宿に参加することになった。
台湾で、初めて自分よりも数学の才能がある若者たちに囲まれ、地震を喪失するネイサン。
そこでネイサンは、国際オリンピック優勝候補最有力の中国のトップ選手・チャン・メイ (ジョー・ヤン) と仲良くなり、行動を共にするようになった。
メイは、自閉症で周りとうまくコミュニケーションがとれないネイサンを助けて、周りになじめるように配慮した。
合宿の最後には、国際オリンピック本選への参加資格をかけた選抜試験が行われ、ネイサンはぎりぎりながらもたった 6 人の本選代表入りを果たした。

本選はケンブリッジで行われるため、メイはネイサンの家にホームステイし、本選前日はケンブリッジ大学に泊まることになった。
ネイサンが自室で過去問を読んでいると、メイが眠れないと言ってネイサンの部屋にやってきて、自然の成り行きで二人でベッドで寝ることになった。
良い雰囲気になり、キスまでしながらも、それ以上はさすがに進まない初々しい二人。
朝起きると、メイのおじさんが部屋にやってきて、ネイサンとメイが添い寝している姿を見て激怒。
メイはおじさんとけんかして、国際数学オリンピックをドタキャンして帰ってしまった。

本選に参加したネイサンだったが、問題を解いている途中も頭が混乱し、なくなった父親の顔などが思い浮かんで問題に集中できず、ついには会場を出て国際数学オリンピックを自体してしまった。
突然ケンブリッジ大学を飛び出したネイサンを、母親のジュリーが追いかけ、そこでネイサンの戸惑う本音を聞いた。
メイを追いかけたいというネイサンの気持ちを受け入れ、すぐに車でメイの後を追った。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ