2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

キングコング 髑髏島の巨神 感想 レビュー 70点


Sponsored Link

キングコング 髑髏島の巨神 映画





(70%)

邦題 キングコング: 髑髏島の巨神
原題 Kong: Skull Island
監督 ジョーダン・ヴォート=ロバーツ
脚本 ダン・ギルロイ, マックス・ボレンスタイン, デレク・コノリー
原案 ジョン・ゲイティンズ, ダン・ギルロイ
製作 トーマス・タル, ジョン・ジャシュー, アレックス・ガルシア, メアリー・ペアレント
製作総指揮 エリック・マクレオド, エドワード・チェン
出演者 トム・ヒドルストン, サミュエル・L・ジャクソン, ジョン・グッドマン, ブリー・ラーソン, ジン・ティエン, トビー・ケベル, ジョン・オーティス, コーリー・ホーキンズ, ジェイソン・ミッチェル, シェー・ウィガム, トーマス・マン, テリー・ノタリー, ジョン・C・ライリー
音楽 ヘンリー・ジャックマン
撮影 ラリー・フォン
編集 リチャード・ピアソン
製作会社 レジェンダリー・ピクチャーズ, テンセント・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 2017年3月10日(アメリカ), 2017年3月25日(日本)
上映時間 118分


キングコング 髑髏島の巨神 感想 レビュー


キングコング: 髑髏島の巨神の感想です。
こういう怪獣映画は大好物なので、楽しく拝見しました!
キングコング以外にもいろんな巨大生物が出てきて面白かったです。
怪獣島の冒険って童心に帰った気分でわくわくしますね!

単純にキングコングの映画としては、2005 年のエイドリアン・ブロディ主演の映画の方が面白かったかも。
3 時間を超える (187 分) の映画で、島での大冒険の後、アメリカにキングコングを持ち帰って、さらにあの名場面の再現もしてという質の高いリメイクで面白かった記憶があります。
一方で本作は、映画の後の最後のシーンで、ゴジラやラドン、キングギドラなどの出番も示唆していましたね。
ゴジラ VS キングコングなんて、ゴジラ好きとしては胸熱な展開、わくわくしてたまらないです。
キングギドラがハリウッド版でどんな風に描かれるのかも楽しみです。

本作は、怪獣映画としては、いろんな怪獣が出てきて、米軍 VS 巨大生物の戦いも見られて大満足の一本でした。
ただ、映画の質として考えると、もっとキャラクターを濃くして、人の心を揺さぶるシーンが多いほうが良かったかもしれませんね。
例えば元大尉のジェームズ・コンラッドが何故軍隊を抜けたのかとか、反戦写真家のメイソン・ウィーバーが何故島までついて行ったのかも不透明だし、サミュエル・L・ジャクソン氏が演じたパッカード大佐なんてただの戦争狂いの無能指揮官としか映ってないですからね。
サミュエル・L・ジャクソン氏の演技力があれば、もっと複雑な任務と道徳の間で苦悩しつつキングコングと戦う大佐とかも演じられたんじゃないかな?
ホラー映画の監督だけど、ジェームズ・ワン監督なんて、そういう人間性の深堀りとか心を揺さぶる感動シーンとかうまいんですよね。

本作に直接の続編があるかはわかりませんが、ハリウッド版ゴジラシリーズにつながりそうなので、個人的には非常に楽しみです。
ハリウッド版ゴジラは賛否両論ありますが、私個人としては完成度高くて面白方と思うので。
シンゴジラも非常に面白かったけど、シンゴジラは怪獣映画ってより日本政府と社会を痛烈に批判した会議中心の映画なので、ハリウッド版ゴジラとは全然別物。
ハリウッド版はあれはあれで十分良い仕事していると思います。

だいぶ話がずれましたが、キングコング: 髑髏島の巨神は怪獣との戦闘シーンも多くて見ごたえあり、面白かったです。
怪獣映画が好きな方は気に入ると思います。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ