2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

アサシン クリード あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

アサシン クリード あらすじ ネタバレ





アサシン クリードのあらすじ(ネタバレ)です。

カラム・リンチ (マイケル・ファスベンダー) 少年が家に帰ると、母親が血を流して死んでいた。
隣には父親らしき男が全身を覆う衣に身を包み、潜血を帯びたナイフを手に立っていた。
父親はカラムも殺そうと近寄ってきたが、突如家の周りに大型の黒い車が何台も到着し、中から武装した男たちが駆け下りてきて家の周りを囲んだ。
「行け!行くんだ!」父親の叫び声に目が覚め、カラム少年は走って逃げだした。

30 年後、カラムは殺人罪で死刑宣告を受け、刑務所で死を目前にしていた。
死刑が執行され、人生の終焉を迎えた。。。はずだったが、目を覚ますと目の前に一人の若い女性が座っていた。
ソフィア・リッキン博士はカラムにやさしく語り掛け、カラムの死刑は昨日予定通りに決行されたと言った。
カラムはまだ意識が混濁している中で、ふらふらしながらベッドから起き上がり、闇雲に走った。
気が付くと巨大な建物の高層階の窓辺に立っていた。
「ほら、行けよ。飛び降りろ。」隣の黒人男性が薄ら笑いを浮かべながら言った。
「交渉しましょう。私はこの世界から暴力を根絶したい。あなたが協力してくれたら、あなたを解放するわ。」
ソフィアの交渉に、カラムは応じるしかなかった。

カラムはソフィアに連れられ、アニムスと呼ばれる機械につなげられた。
アニムスは人間の神経系につながり、遺伝子 (死んだ人間のものでも可能) の持つ記憶を別の人間に追体験させるための機会だ。
ソフィア (の父親) は、人間の暴力の元となった自由意志の源であり、旧約聖書でアダムが口にした知恵の果実を手に入れることを目的としていた。
知恵の果実を最後に所持していたのが、カラムの先祖であるアギラールだった。
カラムは、アギラールの記憶を通して、世界を席巻しようとしていたテンプル教団に立ち向かうアサシン教団の一員としての闘いの日々を追体験することになった。

カラムの命がけのアニムスの利用により、なんとか知恵の果実のありかを探し出し、手に入れたソフィア達。
しかし、アニムスの影響でカラムとそのほかの被験者達はアサシン教団としての責務を思い出していた。
彼らはアサシン教団を復活させて、知恵の果実を取り戻し、再び暗躍することになった。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ