2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 あらすじ ネタバレ





ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅のあらすじ(ネタバレ)です。

イギリスの魔法使いで魔法生物学者のニュート・スキャマンダー (エディ・レッドメイン) は、アメリカに来ていた。
街頭の人だかりに目を奪われているうちに、ニュートの魔法のスーツケースからニフラーと呼ばれる魔法生物が逃げ出した。
ニフラーは光るものに目がなく、小銭や宝石を求めて銀行の中に。
ニュートはニフラーを捕まえるために銀行の中へ。

なんとかニフラーを捕まえたが、たまたまパン屋の開業資金の相談に来ていたノーマジ (非魔法使い) のジェイコブ・コワルスキー (ダン・フォグラー) に魔法を使うところを見られてしまった。
ニュートは金庫破りと思って駆けつけた警備員から、ジェイコブを連れて逃げ出した。
銀行の外でジェイコブの記憶を消そうとしたところ、不意を疲れて逃げられてしまった。
しかも、ジェイコブは自分の手作りパンが入ったスーツケースとニュートのスーツケースを間違えて持っていってしまった。
ニュートは、たまたま通りかかった元闇祓いのポーペンティナ(ティナ)・ゴールドスタイン (キャサリン・ウォーターストン) に逮捕され、アメリカの魔法省に連行されてしまった。

一方、ジェイコブが部屋に戻ると、勝手にニュートのスーツケースが開き、魔法生物たちが逃げ出してしまった。
ニュートとティナがジェイコブのアパートに着くと、アパートはすでに半壊状態。
ジェイコブは魔法生物に噛まれていたため、治療のためにニュートと行動を共にすることになった。

そこからは、ニュートとジェイコブは協力して、逃げた魔法生物を捕まえることになる。
ジェイコブはとても良い人間で、巻き込まれたにもかかわらず、魔法生物達の保護に共感し、積極的に助けてくれるようになる。
ニュートはそんなジェイコブが好きになっていった。

そんな中、ついに一般人が魔法生物の被害に会い、死んでしまった。
ニュートは逮捕され、ティナもろとも死刑を言い渡されるが、ニュートの魔法生物は人間を殺さないことを確信していたニュートは、闇に落ちた魔法使いの成れの果て・オブスキュラスが犯人と考えた。
ニュートたちは、死刑にされそうになったところを、ニュートの魔法生物とティナの妹・クイニー・ゴールドスタイン (アリソン・スドル) によって助けられた。

一方、オブスキュラスの存在を隠していたアメリカの実力派の闇払い・パーシバル・グレイブス (コリン・ファレル) は、スクイブ (魔法使いの家系に属するノー・マジ) の青年・クリーデンス・ベアボーン (エズラ・ミラー) を使ってオブスキュラスの正体を突き止めようとしていた。
グレイブスは、クリーデンスの妹・メアリー・ルー・ベアボーン (サマンサ・モートン) がオブスキュラスの正体と考え、役立たずのクリーデンスを罵倒して、彼女に接近した。
しかし、実は魔法の力が無いと思っていたクリーデンスこそが兄弟な魔法力を持つオブスキュラスの正体だった。
クリーデンスはグレイブスの罵倒で怒りを爆発させ、オブスキュラスとして覚醒してしまい、ニューヨークの街で暴れまわった。

ニュートはクリーデンスを説得して救おうとするが、駆けつけたグレイブスに邪魔される。
さらに魔法省の闇払いたちが現れ、クリーデンスを殺してしまった。
クリーデンスを使って何かを企んでいたグレイブスは激怒し、闇払いたちを批判してその場を離れようとするが、闇払いたちに邪魔をされると、並外れた魔法力で闇払いたちを次々と蹴散らしていった。
ニュートは魔法生物の助けを借りてグレイブスを捕らえ、グレイブスの正体が悪名高い闇の魔法使い・ゲラート・グリンデルバルド (ジョニー・デップ) であることを見破った。
グリンデルバルドは、ニュートに復讐を誓う言葉を残して逮捕されていった。

多数のノーマジ達に魔法の存在がバレてしまったため、魔法省の魔法使いたちは、ノーマジ達の記憶を消すことは無理だと諦めていた。
しかし、ニュートはアメリカが故郷であるサンダーバードをニューヨークの街に戻した。
そのときに、雨の中に記憶を消す魔法の液体を入れてもらいノーマジたちの記憶を消すことに成功した。

残念ながらジェイコブも記憶が消されたが、ニュートが援助した資金でパン屋を開業することができ、パン屋は繁盛した。
ニュートは魔法生物たちの本を出すことをティナに近い、アメリカを経った。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ