2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち あらすじ ネタバレ





ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちのあらすじ(ネタバレ)です。

幼いころから祖父のエイブラハム・”エイブ”・ポートマン (テレンス・スタンプ) に、祖父の若いころの夢のような冒険譚を聞き続けてきたジェイコブ・”ジェイク”・ポートマン (エイサ・バターフィールド) は、信じ続けていた冒険譚を友達に馬鹿にされたトラウマから、さえない青年になっていた。
ある日祖父から「何者かに襲われている」という電話がかかり、急いでバイトを終えて祖父の家に向かうと、祖父は両目がくりぬかれた状態で家の隣の森の中に倒れていた。
エイブは、ジェイクに「ケインホルム島へ行け。そうすれば鳥がすべてを教えてくれる。」と言い残し、息絶えた。
ジェイクはエイブの死に直面した直後、両手足が長く、目のない巨大なモンスターに襲われた。

その後、ジェイクは祖父の死から受ける重圧から、モンスターに襲われる妄想を見たということで、精神カウンセラーの治療を受けていた。
精神科医の勧めもあり、祖父の遺言となったケインホルム島へ行くこととなった。

ケインホルム島で、祖父からずっと聞かされ続けてきた、奇妙な能力を持つ子供たちが住む家を探しに行ったが、そこには廃墟しかなかった。
ジェイクは廃墟の中を探索してみると、「エイブ?」と語り掛ける少女の声を聞いた。
謎の人影に恐怖し、ジェイクは逃げ出したが、途中で転んで頭を打ち、気を失ってしまった。

ジェイクが目を覚ますと、そこには祖父から何度も聞いてきた奇妙な能力を持つ子供たちがいた。
子供たちに誘われ、洞窟の中に入ると、タイムループの世界 (1943 年 9 月 3 日を永遠に何度も繰り返す世界) につながっていた。
そこで、ジェイクは奇妙な子供たちの保護者であるアルマ・ルフェイ・ペレグリン (エヴァ・グリーン) に出会い、祖父が若いころに過ごした 9 月 3 日の世界を体験した。

そこには、
空気より体が軽く、鉄の靴を履いていないと空に浮いて行ってしまう少女・エマ・ブルーム (エラ・パーネル)、
無生物に命を吹き込むことができる青年・イーノック・オコナー (フィンレイ・マクミラン)、
触ったものを焼き払う能力を持つ少女・オリーヴ・アブロホロス・エレファンタ (ローレン・マクロスティ)、
透明人間の少年・ミラード・ナリングス (キャメロン・キング)、
大人 10 人分以上の怪力を持つ少女・ブロンウィン・ブラントリー (ピクシー・デイヴィーズ)、
植物を育て、操る能力を持つ少女・フィオナ・フラウエンフェルト (ジョージア・ペンバートン)、
達が住んでいた。

ミス・ペレグリンには、鳥に変身する能力の他に、「インブリン」と呼ばれる時間を操る能力を持っていた。
昔、「インブリン」の能力を使って永遠の命を得ようとした悪い大人達が実験に失敗し、ホローガストと呼ばれるモンスターに変身してしまった。
ホロ―ガスト達は、特殊な能力を持つ子供たちの目を食べることで人間の姿に戻ることができたため、彼らは人間に戻るために次々と不思議な能力を持つ子供たちを襲っていた。
ミス・ペレグリン達、「インブリン」の能力を持つ一部の大人は、能力を使って何度も同じ 1 日を過ごすタイムループの世界を作り出し、子供たちをホロ―ガストから守っていた。

しかし、ホロ―ガストのボスであるバロン (サミュエル・L・ジャクソン) は、ホロ―ガストを狩っていたエイブを襲って殺し、今度はジェイクを殺すために島まできていた。
ジェイクは気付かずにバロン達をタイムループの世界に連れてきてしまった。
バロンはジェイクを人質にしてミス・ペレグリンを脅迫し、ミス・ペレグリンを捕まえて船で遠くへ去ってしまった。

ジェイクは実は普通の人間ではなく、エイブから、「人の目に見えないホロ―ガストを見ることができる」能力を引き継いでいた。
ジェイクは能力を使って、バロンが島に連れてきていたホロ―ガストを倒し、子供たちと一緒にバロンの後を追った。

バロン達、ホロ―ガストの一味のアジトにたどり着き、子供たちと力を合わせてホロ―ガストたちを倒した。
再びタイムループの世界に戻る決意をした子供たち。
ジェイクはバロン達のアジトから、祖父が死ぬ前の時代に戻り、祖父を助けた後、再度タイムリープを使って子供たちの元に戻り、彼らと一緒に暮らす道を選んだ。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ