2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

12人の優しい日本人 無料 動画 評価


Sponsored Link

12人の優しい日本人 無料





映画12人の優しい日本人の動画を無料で視聴する方法をまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。



12人の優しい日本人 評価


12人の優しい日本人の評価は、非常に高いようです。

好意的なコメントとしては、
・今までの人生でこれほど何度も観ている映画は無いというほど観ている作品です。密室劇であり、登場人物の掛け合いが非常に巧みにできており、心の変化や言葉の変化、心の葛藤など、人生で起き得る出来事がこの作品の中に凝縮されているように感じています。
・アメリカ映画の「12人の怒れる男たち」を真似したのだろうが、それを本邦に持ちんだら、とんでもない日本人論映画が出来あがった。登場人物の一人ひとりがみな私たちの身に覚えのある存在ばかりで三谷幸喜の脚本の切れ味は抜群である。
・名作パロディです。日本人らしさが面白く表現してあると思いました。

批判的なコメントとしては、
・結局何が言いたかったのか今でも全く理解できないし、普段舞台に出演している俳優が多かったせいか、セリフの言い方やアクションが大げさで鼻につくし、でみていてすーっと冷めていってしまった。
・意欲的な作品だと思いますが、ストーリーは単調で、映画として楽しめませんでした。舞台でこそ面白味がある作品です。
・陪審員の論議が密室で繰り広げられる訳だが、確かにこれは映画よりもテレビ向け。

参考:アマゾンのレビューページ
12人の優しい日本人 評価

基本的に本作の評価は非常に高いのですが、それでも痛烈に「つまらない」とコメントされている方も結構いらっしゃるんですね。
確かに強烈なメッセージ制があるわけではないし、起承転結どころか転しかないし、オリジナルの「十二人の怒れる男」のような痛快な面白さはないから、気持ちはわからなくもない。
でも、それを押して余りあるほど、自分には面白かったです。

もともと「十二人の怒れる男」はアメリカ文化を背景にして出来上がった作品なので、アメリカ文化ならではの背景 (スラム差別とか人種差別とか) は日本人にはわからないし、それならいっそのこと全員日本人にして日本の文化に染めてしまったらどうなるかという話で、私にとっては実に痛快なオマージュ作品でした。
全体てきに中庸で、白黒はっきりつけたがらないのも、いい意味で原作と対照的で日本っぽかったと思います。
論理的に物事を進めたがるアメリカ人に対して、「フィーリング」とか「なんとなく」とか「右にならえ」の意見で推し進めようとするのも日本人的ですね。
もちろん必ずしも良いわけではないですが、それでうまくやっている部分もあるのは事実だと思いますし、そんな日本人独特の空気をうまく表現されていて面白かったです。

まとめますと、本作は非常に面白く、評価も高い映画です。
しかし、一室で人が話し合うだけという単調な映画のため、人によってあうあわないはあるようで、合わない方にはつまらないようですね。
また、本作はオマージュ作品であり、元となる「十二人の怒れる男」が名作すぎるため、原作への思い入れが強い方からも一部批判的な意見があるようです。
とはいえ、大多数の肩から高い評価を受けている映画ですので、映画すきの方には一見お価値ありと思います。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ