2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ジャック・リーチャー あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

ジャック・リーチャー あらすじ ネタバレ





ジャック・リーチャーのあらすじ(ネタバレ)です。

元米陸軍憲兵隊捜査官のジャック・リーチャーは、数々の勲章を総なめにして生ける伝説と呼ばれるほどの実力を示して軍隊を抜け、現在は民間人として放浪の旅を続けていた。
ジャック・リーチャーは、日ごろから何かと助けてくれるスーザン・ターナー少佐 (コビー・スマルダーズ) に挨拶に行くと、彼女は前日に逮捕されたと聞いた。
罪状は、スパイ容疑。

何かきな臭いと感じたジャック・リーチャーは、ターナー逮捕のいきさつを調べ始めると、すぐに自分が何者かに尾行されていることに気付いた。
堂々と尾行者の車を襲い、身元を確認すると、彼らはパラソース社の人間だとわかった。

また、久しぶりに陸軍を訪ねたジャックは、彼の娘を生んだと主張する女性から陸軍当てに生活保護の要求が何度も続けられていることを知った。
ジャックは身に覚えはなかったが、娘のサマンサ・ダットン (通称サム) (ダニカ・ヤロシュ) に会いに行った。
ジャックを尾行していたパラソース社は、ジャックにとってサムが大事な人だと思い、サムを拉致しようとした。

ジャックは、ターナーの無実を信じ、ターナーの弁護官に接触するが、弁護官はその日のうちに殺されてしまい、容疑者としてジャックの名前が挙がった。
ジャックは逮捕され、刑務所に入れられたが、すきを見てターナーを救いだし、脱走した。
また、サムが襲われたことを知ったジャックは、サムの元に向かった。
サムはジャック張りの機転を利かせてなんとか逃げ延びていたので、ジャックはサムを連れてターナーと共に車で逃走をつづけた。

ターナーの 2 人の部下がアフガンで殺されたことを調べて行くうちに、パラソース社が米陸軍の武器を横流しし、密売して利益を得ていることを知った。
そして、自分たちを執拗に追う男は、パラソース社が秘密を隠すために雇ったプロの殺し屋だとわかった。

ジャックはパラソース社の悪事を暴き、殺し屋を返り討ちにした。
最後にサムの母親に会うが、ジャックにはやはり身に覚えがなく、サムはジャックの娘ではないことが分かった。
ジャックは再びさすらいの旅に出た。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ