2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ジャック・リーチャー 感想 レビュー 70点


Sponsored Link

ジャック・リーチャー 映画





(70%)

邦題 ジャック・リーチャー NEVER GO BACK
原題 Jack Reacher: Never Go Back
監督 エドワード・ズウィック
脚本 リチャード・ウェンク, エドワード・ズウィック, マーシャル・ハースコビッツ
原作 リー・チャイルド, 『ネバー・ゴー・バック』
製作 トム・クルーズ, ドン・グレンジャー, クリストファー・マッカリー
製作総指揮 ポーラ・ワグナー, ハーバート・W・ゲインズ, デヴィッド・エリソン, デイナ・ゴールドバーグ
出演者 トム・クルーズ, コビー・スマルダーズ
音楽 ヘンリー・ジャックマン
撮影 オリヴァー・ウッド
編集 ビリー・ウェバー
製作会社 スカイダンス・プロダクションズ, TCプロダクションズ
配給 パラマウント映画(アメリカ), 東和ピクチャーズ(日本)
公開 2016年10月21日(アメリカ), 2016年11月11日(日本)
上映時間 118分


ジャック・リーチャー 感想 レビュー


ジャック・リーチャー NEVER GO BACKの感想です。
本作は、2012 年の映画「アウトロー」の続編なんですね。知らなかった。
本作がなかなか面白かったので、本作より面白いと言われるアウトローも今度鑑賞してみます。

そんなに期待していたわけではなく、予告編が面白かったから見てみようかなくらいの期待値で鑑賞したのですが、本編も結構面白かったです。
ただ、正直な感想を言いますと、「面白かった」のは確かですが、他の類似アクション映画と比べて秀でているほどではなかったかなというところ。
父娘愛を描くなら、ニコラス・ケイジのマッチスティック・メンの方が面白かったですし、アクションでいえばもっと面白い映画はいっぱいある。
演出も脚本もアクションも丁寧に作られていて、老いたとはいえトム・クルーズは相変わらず格好いいので、本作は十分面白かったのですが、斬新さはなかったかな。

しかし、トム・クルーズ氏もさすがに老いましたね。
54 歳であの鍛えられた体格とダンディな雰囲気は本人の非凡な努力だと思うのですが、若いころの研ぎ澄まされたトム氏の映画を何度も見てきた自分としては、やはり老いを感じてなりません。
とはいえ、まだまだ眼光も鋭いですし、アクションもいけていますし、ここまで映画人間の俳優もなかなかいないってほど映画に没頭しているトム氏ですので、まだまだ映画はつづけてほしい。
今後は、第一線ではなく、制作側に本腰を入れたり、ニュースターを育てる師匠的な立場でトム氏しか出せない味なども出していってほしいです。

本作は、他の数あるアクション映画と比べて、頭一つ抜き出るとまではいきませんでしたが、丁寧に作られているので十分に楽しめました。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ