2017年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ラスト・ウィッチ・ハンター あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

ラスト・ウィッチ・ハンター あらすじ ネタバレ





ラスト・ウィッチ・ハンターのあらすじ(ネタバレ)です。

コールダー (ヴィン・ディーゼル) は、800 年前の魔女狩りで魔女の女王を殺した際にかけられた呪いにより、不死の身体を持っていた。
以来、800 年間魔女狩りとして世界中の邪悪な魔女を討伐し、魔女ハンターとして生活していた。

コールダーのパートナーで教会神父の 36 代ドーラン (マイケル・ケイン) (代々教会によってコールダーの相棒に指名された人が受け継ぐ名前) の引退間際、37 代ドーランへの引き継ぎの前夜に 36 代ドーランが何者かに殺害された。
急いで現場に駆けつけたコールダーは、36 代ドーランにはまだ微かに息があることを見抜いたが、強力な黒魔術がかけられているために、36 代ドーランを救うためには術士を殺す必要があることを知り、36 代ドーランの残したダイイングメッセージを頼りに術士探しを始めた。

36 代ドーランのダイイングメッセージでは、コールダーの死ぬ間際の記憶を辿るように示されていたため、記憶をたどることが可能な魔女のクロエ (ローズ・レスリー) に協力を仰いだ。
しかし、コールダーが記憶を辿ろうとすると、魔術師たちの邪魔が入り、阻止されてしまう。
クロエのドリームウォッチャーの力でコールダーの過去の記憶を呼び覚ますと、コールダーと共に 800 年前に女王を倒した初代ドーランが、コールダーを活かすために女王にトドメを刺さず、女王の心臓を保管していたことがわかった。
魔術師たちは、教会から心臓を奪い、女王の復活を企んでいたのだった。

女王の心臓を教会から奪った魔術師たちは女王復活の儀式を終え、ついに女王が復活してしまった。
しかも、コールダーから不死の力を奪い返してしまった (自分が不死の力を取り戻すために一時的にコールダーに渡していただけだった)
目覚めた女王は早速ハエを媒介として世界中に病を撒き散らそうとした。
コールダーは 37 代ドーラン、クロエとともに教会の地下にある魔女の牢獄に向かい、女王の目論見を破ろうとした。

しかし、実は 37 代ドーランは魔術師の家系で女王復活を願う魔術師の一人だった。
ドーランに裏切られたコールダーだったが、クロエと力を合わせて再び女王を倒した。
自らの不死の命が尽きるのを覚悟して女王の心臓を破壊しようとするコールダーだったが、クロエに説得された心臓を破壊するのをとどまった。
コールダーは復活した 36 代ドーラン、クロエとともに再び魔女狩りを始めた。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ