2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー あらすじ ネタバレ





ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリーのあらすじ(ネタバレ)です。
※ 非情にざっくりとしたあらすじです。

幼い少女・ジン・アーソ (ドリー・ガズドン / ボー・ガズドン) は、辺境の惑星の農場で優しい父ゲイレン・アーソ (マッツ・ミケルセン) と母ライラ・アーソ (バレン・カネ) と一緒に静かに平和に暮らしていた。
ある日オーソン・クレニック (ベン・メンデルソーン) という帝国軍人が宇宙船を率いてやってきて、母を殺し、父ゲイレンを連れ去っていった。
ジンは母の言いつけを守り、一人で洞窟の中に身を隠していたところを、反乱軍のソウ・ゲレラ (フォレスト・ウィテカー) が助けに来てくれた。

それから十数年後、ジン・アーソ (フェリシティ・ジョーンズ) はソウと別れ、帝国軍に拘束されていた。
ジンが強制労働収容所に移動させられているとき、ジンの乗る輸送車が反乱軍に襲われ、ジンは拉致されてしまった。
反乱軍の目的は、ジンに、反乱軍の中でも過激派として独立行動を取っていたソウとの仲介役となってもらうことだった。
ジンには選択の余地はなく、承諾した。

ジンは帝国軍のスパイ・キャシアン・アンドー (ディエゴ・ルナ) と一緒にソウを探すため、聖なる都ジェダ・シティに向かった。
そこで帝国軍とソウ率いる過激派反乱軍との戦いに巻き込まれてしまい、ソウの部下たちに捕まってしまった。
思わぬ形でソウと再会を果たしたジンは、そこで父親のメッセージを聞く。
ゲイレンは、帝国軍が惑星破壊兵器デス・スターを完成させる科学力があることを知り、あえて自分が主任として参加し、故意に弱点を作った。
巧妙に弱点を隠しながら設計し、弱点となるリフレクターを破壊すれば、デス・スターが破壊されるように設計したのだった。

デス・スターの試し撃ちがジェダ・シティに向けて行われ、ソウのアジトは木っ端微塵に吹き飛んだ。
ジン、キャシアン、元ジェダイ (?) のチアルート・イムウェ (ドニー・イェン)、元守護者のベイル・オーガナ (ジミー・スミッツ)、元帝国軍パイロットで今は改心したボーディー・ルック (リズ・アーメッド) は辛くもジェダを脱出し、ゲイレンのいる惑星イードゥーの研究施設に向かった。
やっと父親ゲイレンに出会えたジンだったが、反乱軍の攻撃に会い、研究施設の爆破に巻き込まれてゲイレンは死亡してしまった。

ジン達は反乱軍のアジドに戻り、です・スターには弱点があること、弱点を正確に攻撃するためには設計図が必要なことを伝えた。
しかし、反乱軍の首脳陣は信頼に足る情報では無いと判断し、設計図の奪取計画は結構しないことを決定した。
納得できないジンは、キャシアン、ジンの考えに賛同する少数精と共に、少数精鋭で設計図の奪取計画を遂行することにした。

元帝国人パイロットのボーディーのお陰で、デス・スターの設計図がある惑星スカリフに到着し、戦いを始めた。
ジン達の行動に胸を打たれた反乱軍の精鋭たちが、次々とスカリフに襲い掛かってきた。
ジン達はなんとか設計図を盗み出し、反乱軍に送信することができたが、反乱軍の戦艦は遅れてやってきたダースベーダー達に襲われてしまった。
なんとか設計図を持ち出した反乱軍兵士達は、それをレイア姫に託した。

エピソード 4 に続く。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ