2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

オブリビオン あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

オブリビオン あらすじ ネタバレ





オブリビオンのあらすじ(ネタバレ)です。

異星人スカヴの突然の襲撃から 60 年後の西暦 2077 年の地球。
スカヴとの闘いには勝利したものの、地球は核兵器の影響によって荒廃し、文明は崩壊。人類の大半は土星の衛星であるタイタンに移住していた。
ジャック・ハーパー (トム・クルーズ) とヴィクトリア“ヴィカ”・オルセン (アンドレア・ライズボロー) はシステムの監視とスカヴ残党の始末のために地上に残り、日々パトロールを続けていた。

ある日ジャックは、未確認の宇宙船が地上に墜落するのを目撃した。
宇宙船の墜落地点に到着すると、そこには低温保存された数人の人間が眠っていた。
駆け付けた自動操縦のドローンが眠っている人間を次々射殺していくのを目の当たりにしたジャックは、最後の一人の女性ジュリア・ルサコーヴァ (オルガ・キュリレンコ) が殺されるのを止めて、自らの住居に連れて帰った。

目覚めたジュリアは、ジャックとヴィカから、自分が最後の生き残りであることを知らされ気が動転した。
墜落地点にレコーダーを取りに行きたいとジュリアに懇願されたジャックは急きょ墜落地点に向かった。
ジャックとジュリアが墜落地点で亜レコーダーを確保すると、突然スカヴに襲われ、スカヴの基地に連れ去られてしまった。

そこでジャックは、スカヴは異星人ではなく地球人の生き残りであり、自分たちが司令官として支持を受けている本体である「テット」こそ、地球を侵略した異星人であることを知った。
また、スカヴのリーダーであるマルコム・ビーチ (モーガン・フリーマン) から、ジャックが抱える疑問の答えは、核兵器によって汚染された地区(汚染地区)にあると告げられたジャックは、ジュリアを連れて汚染地区に向かった。
そこでジャックは自分のクローンに会い、ジャックとヴィカは地球を監視するために大量に量産されたクローン人間であることを知った。

ジャックは基地に戻ってヴィカに真実を告げたが、ヴィカは受け入れることをできずにテットに報告してしまい、ドローンに殺された。
ジャックはスカヴの人間たちのもとに戻り、爆弾をもってテットに帰還。テットの中心部で自爆し、テットを破壊した。

ジュリアはジャックとの子供を産み、以前にジャックが望んだように湖の湖畔で暮らしていた。
そこにスカヴの仲間たちが現れ、ジャックの生き残り (クローンの一人) を連れてきてくれた。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ