2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

二ツ星の料理人 あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

二ツ星の料理人 あらすじ ネタバレ





二ツ星の料理人のあらすじ(ネタバレ)です。

二ツ星の料理人の天才料理人でありながら、薬物とアルコールと女性に依存して料理界を去ったアダム・ジョーンズ(ブラッドリー・クーパー)が、三ツ星を取るべく料理界に帰ってきた。
パリのレストランで起こした数々のトラブルの贖罪として、100 万個のカキの殻剥きを終えたアダムは、麻薬と酒と女性をやめ、ロンドンで自分のレストランを開くべく、古くからの友人トニー (ダニエル・ブリュール) を訪問した。
アダムの昔からの悪行を知るトニーはアダムを追い返したが、アダムは料理評論家のシモーネ (ユマ・サーマン) の協力を得て一芝居うち、トニーにアダムの料理の腕を認めさせてレストラン再開の約束をした。

アダムは優秀な助手を探し、一人娘をもつシングル・マザーのエレーヌ (シエナ・ミラー)、パリのレストラン時代の同僚のミシェル (オマール・シー)、刑務所から出所したばかりのマックス (リッカルド・スカマルチョ)、新人のデヴィッド (サム・キーリー) を勧誘した。
完璧主義で一切の妥協を許さないアダムの元で、腕利きの料理人たちも戸惑う日々だったが、アダムはお構いなしに料理に真摯に向かう。
エレーヌの天才的才能を認めたアダムは、エレーヌとともに昼夜問わず料理の研究に没頭し、少しずつアダムの望んだレストランが実現してきていた。

そんなとき、アダムが目指す三ツ星の判定をする由緒ある料理本ミシュランの料理評論家がレストランにやってきた。
神経質になり怒鳴り散らし、自分で完璧な料理を仕上げたアダムだったが、客はソースが辛すぎるとクレームを出し、料理を突き返してきた。
パリで人生をめちゃくちゃにされたミシェルが、アダムに復讐すべくソースに唐辛子を山ほど入れていたのだった。
アダムの夢は潰え、自暴自棄になるアダム。
アダムを救ったのは、なんと犬猿の仲のライバル店の料理人・リース (マシュー・リス) だった。

精神的になんとかぎりぎりのところで立ち直ったアダムが店に戻ると、トニーとエレーヌからうれしいニュースがあった。
この前店に来ていた客はミシュランの評論家ではなく、ただのセールスマンだったのだ。
大事な場面で仕返しを受け、自分が昔行った悪行を顧みたアダム。
自分が自暴自棄になってふらふらしている間に急成長を遂げたデヴィッドや厨房のパートナー達の存在に感銘を受けたアダムは、以前のような攻撃的な性格が少し和らいでいた。

そんなとき、本当のミシュランの料理評論家が店にやってきた。
アダムは以前のように自分勝手に料理をするのではなく、「(仲間と一緒に) 料理人としてなすべきことをなすだけだ。」と言い、仲間と協力して料理を仕上げた。
ミシュランの結果については映画の最後には出てこなかったが、トニーとアダムの表情から、いい結果だったことが読み取れる。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ