2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ベン・ハー2016 あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

ベン・ハー2016 あらすじ ネタバレ





ベン・ハー2016のあらすじ(ネタバレ)です。

ユダヤ人の貴族ユダ・ベン・ハー (ジャック・ヒューストン) は、ローマ人でハー家の養子メッサラ (トビー・ケベル) と兄弟同然に育った。
ユダの妹・ティルザ (ソフィア・ブラック=デリア) に恋愛感情を抱いていたメッサラは、自分が養子であることに強いコンプレックスを抱いていたため、自分自身の力で一旗揚げようと考え、兵士を募集していたローマ軍に志願する。

3 年後、いくつもの武功をあげてローマ帝国司令官になったメッサラが、エルサレムのハー家に凱旋帰郷してきた。
メッサラはユダに、ローマ人を受け入れるようユダヤ人たちを説得してくれと頼み込んだが、話まではできるが強制はできないとユダは拒んだ。
エルサレムにローマ軍の新総督を迎え入れる盛大な催しのとき、ユダがかくまっていたゼロテ派 (ローマ人に対するユダヤ人の反抗勢力) の少年が新総督に弓矢を放った。
ユダは少年を逃がしたが、ユダの家族はローマ軍につかまってしまい、ユダはガレー船送り (一生船を漕いで過ごす奴隷)、母親と妹のティルザは磔の刑にされた。

それから 5 年間奴隷として船をこぎ続けたユダだったが、ローマ軍とギリシャ軍の戦争中に船が崩壊し、一人で漂流することとなってしまった。
なんとか陸までたどり着いたユダは、砂漠をさすらう行商人イルデリム (モーガン・フリーマン) に命を救われた。
ローマ軍に差し出されたら命はないユダは、助けてもらう代わりにイルデリムの馬の世話をすることになった。

幼いころから馬の扱いにたけていたユダは、イルデリムにその実力を認められ、戦車競走の競技者としてローマ人の英雄メッサラと戦わないかと提案を受けた。
メッサラへの憎しみにとらわれていたユダはイルデリムの提案を受け入れ、戦車競走の訓練を始めた。
ユダの妻であるエスター (ナザニン・ボニアディ) にもそのことを話したが、エスターはイエス (ロドリゴ・サントロ) の愛の教えに目覚めていて、ユダの憎しみにとらわれた心を理解できなかった。

ある日、メッサラの元副官であるドルーサス (マーワン・ケンザリ) がユダの前に現れ、実はユダの母親と妹は生きていて、幽閉されていると話した。
幽閉所に駆け付けたユダだったが、母親と妹は業病 (皮膚がただれて死に至る病で、当時は不治の病とされていた) にかかっていた。
生き地獄に落とされた母親と妹を見たユダは、メッサラへの憎しみがさらに募らせた。

戦車競走の日、ユダはイルデリムの教えを実行して見事メッサラを打ち負かした。
イエスの奇跡でユダの母親と妹の業病が治り、イルデリムは勝利の報酬でユダの母親と妹を解放した。
ユダは愛に目覚め、メッサラと和解し、家族とともに幸せに暮らした。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ