2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

セルフレス覚醒した記憶 感想 レビュー 75点


Sponsored Link

セルフレス覚醒した記憶 映画





(75%)

邦題 セルフレス/覚醒した記憶
原題 Self/less
監督 ターセム・シン
脚本 アレックス・パストール, ダビ・パストール
製作 ラム・バーグマン, ジェームズ・D・スターン, ピーター・シュレッセル
製作総指揮 ジュリー・ゴールドスタイン, デヴィッド・ポーミア, リア・ブーマン
出演者 ライアン・レイノルズ, ナタリー・マルティネス, マシュー・グード, ヴィクター・ガーバー, デレク・ルーク, ベン・キングズレー
音楽 アントニオ・ピント
撮影 ブレンダン・ガルヴィン
編集 ロバート・ダフィ
製作会社 Endgame Entertainment, Ram Bergman Productions
配給 フォーカス・フィーチャーズ/グラマシー・ピクチャーズ(アメリカ), キノフィルムズ(日本)
公開 2015年7月10日(アメリカ), 2016年9月1日(日本)
上映時間 117分


セルフレス覚醒した記憶 感想 レビュー


セルフレス覚醒した記憶の感想です。
成功を収めた大富豪の老人が、不死を求めて若い肉体に人格を移動。しかし、肉体の前の持ち主の記憶がだんだんとよみがえってしまい。。。という SF 映画。
ストーリーはよくある展開でしたが、綺麗にまとまっていて結構面白かったです。

凡人が麻薬を飲むことで超人に覚醒する映画・リミットレスと少し似ていましたので、リミットレスが好きな方なら結構好きかも?
個人的にはリミットレスのほうが面白かったですが、本作もなかなか見ごたえがあって良かったです。
全体的にストーリーもまとまっていて良かったですが、スリラー要素と登場人物の作りこみ要素がもっとあったらさらに良かったかな。

主演のライアン・レイノルズ氏は、アメコミ映画のデッドプールで有名な方で、さすが、アクションもばっちりこなす2枚目俳優さんです。
悪魔の棲む家、ウルヴァリン: X-MEN ZERO、デンジャラス・ランなど、結構ライアン・レイノルズ氏の映画見たことあるな~。
アクションとイケメンだけじゃなく、生き埋めにされる超低予算映画のリミットでは演技力を見せつけた実力は俳優で、私も結構お気に入りの俳優さんの一人です。

巨万の富を築き上げた大富豪の老人が、死を前にして若い肉体を手に入れ、人生をやり直す映画って不思議な魅力がありますね。
悪い方向に進むのがお決まりですが。
本作は最後少し切ない終わり方ですが、後味良く、すっきり見られて私は好きでした。

人生をやり直す系の映画が好きな方にはおすすめできる映画だと思います。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ