2017年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

フリークス・シティ 感想 レビュー 65点


Sponsored Link

フリークス・シティ 映画





(65%)

邦題 フリークス・シティ
原題 Freaks of Nature
監督 ロビー・ピカリング
製作 マシュー・トルマック
製作総指揮 ロン・シュミット, ジョナ・ヒル, ベン・ワイスブレン
出演者 ニコラス・ブラウン, バネッサ・ハジェンズ, マッケンジー・デイビス, ジョーン・キューザック, ボブ・オデンカーク, キーガン=マイケル・キー, パットン・オズワルト, クリス・ジルカ, デニス・リアリー, パット・ヒーリー, エド・ウェストウィック, レイチェル・ハリス, イアン・ロバーツ,
脚本 オーレン・ウジエル
撮影 ユタ・ブリースウィッツ
美術 クリス・スペルマン
衣装 デブラ・マクガイア
編集 クレイグ・アルパート
音楽 フィル・アイズラー
音楽監修 キアー・レーマン
上映時間 92分
製作年 2015年


フリークス・シティ 感想 レビュー


フリークス・シティの感想です。
人間とヴァンパイアとゾンビが一緒に住む町にエイリアンが襲来するというこってこてのB級映画。
この手の映画は、つまらないのはわかっていながらも、つい騙されて手に取ってしまう吸引力がありますね。
結果、意外にひどい映画ではなく最後まで見れる映画でした。とはいえ面白い映画というわけでもなく、良くも悪くも 65 点の B 級映画でした。

ただ、めちゃくちゃ系バカ騒ぎ映画が好きな方には結構はまるかもしれません。
人間とヴァンパイアとゾンビが真っ向から戦いあうし、ドパドパ血が流れるし、一応ゾンビが脳みそを食べるとかヴァンパイアが血を飲むとかの設定は生かされている。
アメリカらしいブラックユーモアで最初から最後までバカ騒ぎっぷり満載。
最後は無理やりハッピーエンドっぽい終わり方になったけど、これは本当にハッピーエンドなのか?というよくある終わり方。

エロ可愛い淫乱女子って、実はハイスクール・ミュージカルのバネッサ・ハジェンズだったのか!
ちょっとイメージが違く手気付かなかった。
見事な淫乱っぷりでホラーにつきもののエロ女子を演じきっていました。
でも、個人的にはバネッサ・ハジェンズは「清楚系な奥手女子で実はかわいい」系のほうが好きです。ビーストリーのヒロイン演じたときみたいな。

いろいろ言いましたが、本作は最後まで結構見られるくらいには面白く仕上げてくれたと思います。
典型的な B 級映画が好きな方にはおすすめできるかもしれないです。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ