2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

キング・オブ・エジプト あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

キング・オブ・エジプト あらすじ ネタバレ





キング・オブ・エジプトのあらすじ(ネタバレ)です。

エジプトの王国を統治する生命の神・オシリス (ブライアン・ブラウン) の息子・ホルス (ニコライ・コスター=ワルドー) は、オシリスの後を継ぐ王として戴冠式を控えていた。
戴冠式の日、オシリスの弟であり、砂漠を統治する神・セト (ジェラルド・バトラー) が儀式に割り込み、オシリスに決闘を申し込んだ。
オシリスは戦いを避けて武器を捨てたが、セトは構わずオシリスを槍で居ぬき、殺した。
怒りに震えたホルスは父の敵であるセトに決闘を挑んだが、その場で倒され、力の源である両目をえぐられてしまった。

エジプトの王国はセトの支配下となり、逆らう神たちは次々と殺され、人間は奴隷となった。
盗人のベック (ブレントン・スウェイツ) は、恋人のザヤ (コートニー・イートン) から、ホルスが力を取り戻せばセトから王国を取り戻すことができると助言を受けた。
ホルスの目が封印されていると言われる神殿に忍び込み、見事ホルスの片方の目を盗み出し、ザヤを連れてホルスの元に逃げ出そうとしたが、ザヤはウルシュ (ルーファス・シーウェル) によって心臓を矢で射抜かれ、死んでしまった。

ベックはホルスと取引をし、片目を返してもう片方の目を取り戻す手助けをする代わりにザヤをよみがえらせる取引をした。
ホルスは承諾し、ベックとともに旅立った。
セトはホルスの命を狙って次々と刺客を送り込んだが、ホルスによって蹴散らされた。

セトは次々とエジプトの他の国に戦争を仕掛け、支配する地域を増やしていった。
セトは、実の親であり全知全能の神であるラー (ジェフリー・ラッシュ) に会いに行った。
ラーはセトに自分の後を継いで、地球を食いつくそうと企む闇の獣・アポピスから地球を守る責務を与えた。
しかし、セトはラーの命令に背き、その場でラーを殺して力の源である槍を奪った。

地球はアポピスの脅威に包まれた。
ホルスはセトのたくらみを砕くため、セトの元に向かい、セトを倒した。
ホルスはセトから奪った槍をラーの手に戻し、生き返ったラーの力で再びアポピスは蹴散らされた。
ベックはセトとホルスの戦いに巻き込まれて死んでしまったが、ホルスがラーに願ったおかげでベックとザヤは神として生き返った。
ホルスはエジプトの王となり、エジプトは再び平和な国に戻った。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ