2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

エクス・マキナ あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

エクス・マキナ あらすじ ネタバレ





エクス・マキナのあらすじ(ネタバレ)です。

インターネットの検索エンジンの世界最大の会社・ブルーブックでは、ネイサン・ベイトマン (オスカー・アイザック) の超豪華な私邸を訪問する権利をかけて社員全員による抽選会が行われていた。
見事たった一人だけ当選したケイレブ・スミス (ドーナル・グリーソン) は、ヘリコプターで数時間もかけて、広大な山奥の土地の中に溶け込むように建てられた豪邸を訪れた。

ケイレブはネイサンの歓迎を受けて家の中に入ると、まず最初に機密保持契約にサインするよう勧められた。
実は、この自宅全体が人工知能を開発するための研究施設で、ケイレブはネイサンが開発した人工知能をチューリング・テスト (機械が知的かどうかを判定するテスト) するために被験者として招待されたことが告げられた。
ケイレブは感動し、喜んで実験への参加を快諾した。

早速透明な壁に囲まれた部屋に招待されると、人間の女性の姿をした人工知能が現れた。
エヴァ (アリシア・ヴィキャンデル) と名乗る彼女は、顔と手足の一部は人間そのもののように見えるが、それ以外の体のパーツは半透明で内部の構造が見える、明らかな機械だった。
エヴァと会話をし、ほんの少しの会話だけでもエヴァの人工知能の完成度が高く、生身の人間と会話しているのと変わらない感覚にケイレブは感動した。

ネイサンの人工知能研究所は、最先端の技術の粋を集めた研究所にも関わらず、たびたび停電が起きた。
そして、たまたまケイレブがエヴァと話しているときに停電が起き、エヴァはケイレブに奇妙なことを話した。
「ネイサンは悪い人。ネイサンのいうことは嘘だから信じないで。」
停電から回復すると、エヴァは何事もなかったかのようにケイレブに停電の前の会話をつづけた。

エヴァとの会話形式で進められたケイレブのチューリング・テストが進むにつれ、ケイレブはエヴァに惹かれていき、まるでエヴァが自分に好意を持っているのではないかという感覚に見舞われた。
研究施設でたびたび起こる停電も、エヴァがカメラでネイサンに監視されずにケイレブと本音で会話するために、エヴァが故意に起こしている停電だと話した。
そして、ケイレブ自身もそれを好意的に感じ、エヴァに対して好意を持つようになっていった。
一方で、ネイサンに対しては疑惑を持つようになっていった。

「試験に不合格になったら、私はどうなるの?不良品として廃棄されるの?私はあなたと一緒にいたい。」
エヴァの言葉に、ケイレブは衝撃を受けた。
ネイサンに確認すると、チューリング・テストの結果にかかわらず、エヴァは後継機を開発する際に、エヴァの記憶は消去されることが分かった。
さらに、酔いつぶれたネイサンからカードキーを奪い、研究施設内の立ち入り禁止の部屋に入っていくと、エヴァの試作機だった人工知能達が陳列されているのを発見した。
「僕が君を逃がしてあげる。夜10時に停電を起こしてくれ。一緒に逃げ出そう。」ケイレブは思わずエヴァに言っていた。

ケイレブはネイサンを酔わせて殿水させ、再びカードキーを奪おうとしたが、ネイサンには見抜かれていた。
実はネイサンは事前にエヴァと賭けをしていて、『研究施設からエヴァが逃げ出すための唯一の方法はケイレブを誘惑すること』だと話していたのだ。
ケイレブは見事にエヴァに誘惑され、ネイサンは実験は大成功だったと喜んだ。

しかし、実はケイレブは脱出のための仕込みをすでに終えていて、以前にネイサンのカードキーを奪った時に、研究施設のセキュリティコードをハッキングして、停電の際にすべておn部屋の鍵が開く設定に変えていた。
停電中に部屋を抜け出したエヴァは、もう一人のアンドロイドのキョウコ (ソノヤ・ミズノ) と廊下で遭遇し、何かを話した。
そこに事態を収拾するためにネイサンがやってきたが、エヴァに気を取られているうちにキョウコにナイフで刺され、さらにエヴァにも刺されてしまい、その場で死亡。
目を覚ましたケイレブにエヴァは一瞥を送ったが、足を止めることなく、ネイサンのカードキーを持ったまま外の世界に。
ケイレブは脱出不可能な研究施設に一人取り残されてしまい、エヴァは自由の身になって外の世界に巣立っていった。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ