2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ターザンREBORN あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

ターザンREBORN あらすじ ネタバレ





ターザンREBORNのあらすじ(ネタバレ)です。

ベルギー国王レオポルド2世は、コンゴの経営に行き詰まり、莫大の借金を抱えた。
事態を解決するために、側近のレオン・ロム (クリストフ・ヴァルツ) に、コンゴに渡ってダイヤモンドを採掘するように命じた。
レオン・ロムはコンゴの部族と遭遇し、族長のムボンガ (ジャイモン・フンスー) と、大量のダイヤモンドと引き換えにターザンの身柄を渡す約束を交わした。

亡き父の家名を次いでグレイストーク卿となっていたターザン (アレクサンダー・スカルスガルド) は、レオポルド2世から、コンゴの視察依頼を受けた。
すでにイギリス人の貴族として生きていたターザンは、最初は断ったが、アメリカ特使のジョージ・ワシントン・ウィリアムズ (サミュエル・L・ジャクソン) から、「コンゴで奴隷労働が行われている可能性がある。君の仲間を助けるために協力してほしい」と持ち掛けられ、依頼を承諾する。
コンゴをの部族と一緒に長く住んでいたターザンの妻・ジェーン (マーゴット・ロビー) も加わり、3 人でコンゴを訪れた。

久しぶりの故郷に喜びを隠せないターザンとジェーンを、コンゴの村人たちは暖かく歓迎した。
しかし、ロムが公安軍を連れて村を襲撃し、族長を殺した上に、ジェーンと村人たちを拉致して行った。
怒りに震えるターザンは、ジョージと村の若者を連れてジェーンの奪還に向かった。

途中で奴隷を輸送する列車を襲ったターザン達は、ロムがダイヤモンドを使って 2 万人の傭兵を雇い、コンゴの武力制圧を企んでいることを知った。
ターザンがロムを追って、ジャングルの奥地のムボンガの領地に入ると、ロムはすでにダイヤモンドを受け取って船に乗り込んだ後だった。
ターザンは昔ムボンガの息子を殺したことを恨んでいたムボンガに対し、ムボンガの息子はターザンの母親を殺したことを告げた。
ターザンはムボンガとの決闘に勝ち、ロムの後を追った。

ロムはすでにボマ港に到着していて、銀行家フラム (サイモン・ラッセル・ビール) が連れる公安軍たちに守られていた。
ターザンはジャングルの動物たちの協力を仰ぎ、数千・数万にも及ぶ動物たちの波のような体当たりで公安軍を倒し、ボマ港を壊滅させた。
さらにジェーンを救い、逃げようとするロムを倒し、コンゴの危機を救った。

1 年後、ジェーンはコンゴでターザンの子供を出産した。
ジョージはコンゴで手に入れた帳簿を元にレオポルド 2 世を糾弾し、コンゴの奴隷制度の廃止に尽力した。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ