2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

貞子vs伽椰子 あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

貞子vs伽椰子 あらすじ ネタバレ





貞子vs伽椰子のあらすじ(ネタバレ)です。

女子大生の上野夏美 (佐津川愛美) は、両親の結婚記念日にプレゼントとして、結婚式のビデオテープを DVD に変換することを計画していた。
夏美は機械系が苦手だったため、仲良しの倉橋有里 (山本美月) に変換作業を依頼。
有里は早速リサイクルショップでビデオデッキを購入し、有里の部屋に運んできた。

いざビデオデッキを起動してみたところ、中からは古くて怪しげなビデオテープが出てきた。
興味本位で見ようとした有里だったが、突然連絡が来てしまったため、ビデオを見たのは夏美一人。
連絡が済み、夏美の方を見ると、このビデオテープは、貞子の呪いが詰まった呪いのビデオだと言い出した。

その道のマニアで有里と夏美の大学の講師をしている森繁新一 (甲本雅裕) に相談したところ、森繁は興味津々でビデオを鑑賞。
これは本物の呪いのテープだと言い出した。
呪いのビデオテープなら、ビデオを見てから 2 日後には死んでしまう。

有里と夏美は、森繁の知り合いの除霊師・法柳 (堂免一るこ) に助けを求めた。
法柳に話をしてビデオを見せると、法柳の顔つきが変わり、早速除霊を始めることに。
しかし、法柳が夏美から貞子を引きずり出そうとしたとき、法柳の助手 2 人が突然自殺し、法柳自身も死んでしまった。
(このときに、森繁もどさくさまぎれに死んだらしい)

有利は夏美のことに責任を感じ、都市伝説を信じて、夏美から渡された呪いのテープを自分が見ることで、夏美の呪いを解こうとした。
そのとき、法柳が死ぬ前に呼んでいた、法柳を超える除霊師の常盤経蔵 (安藤政信) と助手で盲目の少女・珠緒 (菊地麻衣) がやってきた。
経蔵は、呪いのテープを渡した相手がビデオテープをみても、呪いは解けないと話した。
また、経蔵ほどのつわものでも貞子の除霊は無理だと言い出し、貞子を倒すにはもう一人の化け物・伽椰子を激突させるしかないと言い出した。

家で待っていた有里と夏美だったが、夏美は恐怖に耐えきれず、誰かを道連れにしようとして呪いのテープを YouTube で拡散。
そのうえ、貞子に呪い殺されるのは嫌だから自殺を図ろうとした。
しかし、貞子に呪われたものは自殺すら許してもらえず、貞子がやってきて自殺寸前の夏美を呪い殺した。

その頃、家族と一緒に引っ越してきた女子高生の高木鈴花 (玉城ティナ) は、自宅の近所にある呪いの家と呼ばれる廃屋で小学生 4 人が行方不明になった事件が気になっていた。
なぜか呪いの家に呼ばれている気がして窓越しに家をみたところ、小学生らしき人が廃屋の中にいるのを見つけた。
鈴花は急いで廃屋の中に入り、小学生の姿を見つけたが、それは佐伯俊雄 (芝本麟太郎) という佐伯伽椰子 (遠藤留奈) の子供の幽霊だった。

鈴花の悲鳴に駆け付けた鈴花の両親だったが、俊雄と伽椰子に一瞬で殺されてしまった。
経蔵と珠緒のおかげでなんとか逃げ切れた鈴花だったが、すでに伽椰子の呪いにかかっているため、生き残るには伽椰子に貞子をぶつけるしかなかった。

経蔵の計画通り、有里は呪いの家に入って伽椰子に呪われ、鈴花は呪いの家の中で呪いのビデオテープを見て貞子に呪われた。
有里と鈴花は貞子と伽椰子に二重で呪われたため、伽椰子と貞子が目の前に現れて、二人の取り合いを始めた。
しかし、決着がつかず、しびれを切らした経蔵が有里と鈴花を庭に逃がし、最後の手段として貞子と伽椰子を井戸に封じる計画を打ち明けた。

有里は自分が犠牲になると申し出て、貞子と伽椰子を引き連れて井戸に落ちた。
貞子と伽椰子は有里の後を追うように井戸に飛び込もうとしたが、井戸の入り口で正面衝突。ぶつかり合って井戸に落ちて行った。
その時の衝撃から、身を挺して少女たちを守ろうとした経蔵は、体を両断されて死んでしまった。
珠緒の命令で鈴花が井戸にふたをし、封印を施した。

しかし、井戸の封印はあっという間に破られ、中からは貞子と伽椰子が合体した化け物が出てきた。
ここで映画は終わり。
終始笑わせてくれる、ギャグ映画でした。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ