2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

貞子vs伽椰子 感想 レビュー 70点


Sponsored Link

貞子vs伽椰子 映画





(70%)

邦題 貞子vs伽椰子
監督 白石晃士
脚本 白石晃士
原作 鈴木光司(世界観監修)
製作 堀内大示, 桜井秀行, 横澤良雄, 丸田順悟, 江守徹
製作総指揮 井上伸一郎, 高木ジム
出演者 山本美月, 玉城ティナ, 安藤政信
音楽 遠藤浩二
主題歌 聖飢魔II, 「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」
撮影 四宮秀俊
編集 和田剛
製作会社 KADOKAWA
配給 KADOKAWA(日本)
公開 2016年6月18日(日本)
上映時間 99分


貞子vs伽椰子 感想 レビュー


貞子vs伽椰子の感想です。
予想していたより面白かったです。
ムードを盛り上げるために夜中一人で部屋を暗くして鑑賞したのですが、全然怖くない。
むしろギャグかと思う演出が多くて、大笑いしながら見ました。

貞子と伽椰子の戦いもなんとなく見れたし、貞子、伽椰子、俊雄が惜しげもなくばんばん画面に出ていたので、なんとなく満足感ありました。
また、主演の女の子たちはみんなすごくかわいかったので、満足感をさらに高めてくれました。
演技の良しあしとか、普通なら映画には大変重要な要素ですが、本作はそもそもギャグ満載のホーム映画を見ている感覚なので、演技がいまいちなのも違和感なく楽しめました。
それよりも、かわいい女の子たちが終始画面に映っていろんな表情を見せてくれるので、映画全体に花があって見栄えが良かったです。

変に怖がらせるホラー映画路線に走らず、ギャグ路線のホラーを徹底した姿勢に好感が持てました。やっぱり、一個テーマを決めて貫くのって大事ですね。
本作は全然怖くないので、ホラーが苦手な方でも (よほどのホラー嫌いでなければ) 割と大丈夫だと思います。
ホラー好きな方には、ギャグ映画を見る感覚で箸休めホラー映画として見ていただければ、結構楽しめるんじゃないでしょうか。

白石晃士監督は、『ホラーではなくなっている『フレディVSジェイソン』については、反面教師にした。』と述べているようですが、いやいやいや、完全に同じ路線ですよ。
ぎりぎりホラー映画のくくりではあるけど、全然怖くはない。
ギャグ路線の真面目なホラーという、斬新なジャンルを作ってくれたと思います。

最初に 貞子vs伽椰子 というタイトルを聞いたときは、「やっちゃった感」が満載で、どんなつまらない映画になるのかひやひやしましたが、ふたを開けてみればこれはあり。
この路線でほかのホラー映画も混ぜていくなら、続編もありかもしれません。
本作が意外と面白かったので、続編が出たら私はみたいです。
ただ、調子に乗ってホラー映画に走らず、この路線は貫いてほしいですね。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ