2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

サウスポー 感想 レビュー 70点


Sponsored Link

サウスポー 映画





(70%)

邦題 サウスポー
原題 Southpaw
監督 アントワーン・フークア
脚本 カート・サッター
製作 トッド・ブラック, ジェイソン・ブルメンタル, スティーヴ・ティッシュ, ピーター・リッシュ, アラン・リッシュ, アントワーン・フークア
製作総指揮 ボブ・ワインスタイン, ハーヴェイ・ワインスタイン, ジリアン・チャオ, ゲイリー・チェン, ジョナサン・ガリソン, カート・サッター, デヴィッド・ブルームフィールド, デヴィッド・レイネス, ディラン・セラーズ, エズラ・スワードロウ, ポール・ローゼンバーグ, スチュアート・パー, デヴィッド・シフ
出演者 ジェイク・ギレンホール, フォレスト・ウィテカー, ナオミ・ハリス, カーティス・“50セント”・ジャクソン, ウーナ・ローレンス, レイチェル・マクアダムス
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 マウロ・フィオーレ
編集 ジョン・ルフーア
製作会社 ワンダ・ピクチャーズ, リッシュ・プロダクションズ, エスケイプ・アーティスツ, フークア・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ワインスタイン・カンパニー
日本の旗 ポニーキャニオン
公開 2015年6月15日(中国), 2015年7月24日(アメリカ), 2016年6月3日(日本)
上映時間 123分

サウスポー 感想 レビュー


絶望の淵から再起したボクサーを描いた映画・サウスポーの感想です。
無敗のまま複数団体の統一世界王者となったビリーポープだったが、挑戦者からの安い挑発に乗ってしまい、騒動のどさくさで最愛の妻が死んでしまう。
絶望のまま自暴自棄になり、我を忘れて犯人を殺そうとしたり、自殺しようとしたりと、荒れにあれます。
さらに追い打ちをかけるように、娘を養う能力がないと裁判所に判断され、最愛の娘は施設に預けられ。。。
しかし、ビリーはそこから立ち直り、娘と一緒に暮らすためにも、再び世界王者を目指すというお話。

結構楽しめました。
複製された男やナイトクローラーで怪しい雰囲気の男を演じたジェイク・ジレンホール氏の、見事な体つきにも驚きました。
動きもボクサーとして様になっていましたし、あそこまでの体とプロボクサーの動きを手に入れるには、いったいどれだけの努力を重ねたのか、想像もつきません。
ジレンホール氏は演技力あるし、不思議なリアリティというか、「知らない世界あけど、リアルの世界では本当にこんな感じなのかも?」と受け入れてしまう、不思議な雰囲気がある気がします。

ストーリーとしては、結構よくある話で、泣ける名作映画として有名なチャンプ (1931 年、1979 年) とほぼ同じだと思います。
いつの時代でも、人が頑張って底辺からのし上がっていく姿っていうのは見ていて気持ちが良いですね。
私は、ボクシングの再起を描いた映画の中では、シンデレラマンが一番好きです。
あの映画は冷戦時代の厳しさと家族への愛情、子供の可愛さと親の苦悩、ボクサーと興業者の友情など、さまざまな要素を取り入れつつも、圧倒的なふりを覆して再起を果たすという王道で包んだ素晴らしい映画でした。
しかも実話。
シンデレラマンを超えるボクシング映画は、なかなかお目にかかれないだろうな。

本作は、一度頂点に上り詰めておきながら、どん底まで転落し、再び立ち上がるという王道的な映画なので、幅広い層の方が楽しめる映画だと思います。
ボクシングを知っていれば、役者さん方の演技力の高さを楽しめますし、ボクシングが知らなくても十分に楽しめる映画だと思います。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ