2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

クランプス 魔物の儀式 あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

クランプス 魔物の儀式 あらすじ ネタバレ





クランプス 魔物の儀式のあらすじ(ネタバレ)です。

両親と姉と 4 人で暮らす少年マックス (エムジェイ・アンソニー) の家では、毎年クリスマスに親戚が集まってイブまでの 3 日間を祝う習慣があった。
しかし、母サラ (トニ・コレット) の妹リンダ (アリソン・トルマン) の一家とはそりが合わず、親同士でも、子供同士でもぎすぎすした関係。
マックスはなんとか仲良く過ごそうと努力するが、意地悪ないとこには馬鹿にされるばかり。
夕食の席では、サンタクロースへの手紙を全員の前で暴露されたマックスは、失意と怒りから手紙を破り捨てて、窓の外に捨ててしまった。

次の日から外は猛吹雪となり、停電で外との連絡手段がないまま家に閉じ込められてしまった。
マックスの姉のべスは、近所のボーイフレンドの家に行ったきり、帰ってこない。
心配になった父のトム (アダム・スコット) と叔父のハワード (デビッド・ケックナー) は、車でべスを探しに行った。

しかし、べスのボーイフレンドの家は何かに襲われた痕があり、誰もいなかった。
外に出ると、ハワードが雪の中の獣のような存在に襲われ、足を負傷してしまった。
なんとか家に戻ると、家の扉をすべて木の板で止めて、家に閉じこもることにした。

「決して火を絶やしてはダメ。」と語るマックスの祖母のオミ (クリスタ・シュタートラー)。
しかし、見張りのはずのハワードが眠ってしまい、火が消えてしまった時に、暖炉から降りてきたクッキー人形に従妹のハウィーが襲われ、連れ去られてしまった。
オミはすぐに暖炉に火をつけ、襲ってくる怪物のような何かについて語りだした。

それは、オミがまだ純粋にクリスマスを信じる少女だったころの話。
純粋な心を失ってしまった周りの大人達や両親に失望し、クリスマスに希望を捨ててしまったことがあったという。
その年のクリスマスには、クランプスと呼ばれる化け物が、エルフや妖精を引き連れてオミの家にやってきて、家族を全員殺してしまった。
次は自分の番かと震えるオミだったが、クランプスは見せしめとしてオミだけを生かし、オミがこのことを忘れないようにベルを残していった。

今回は、マックスが少女だったころのオミと同じことをしてしまいクランプスを読んでしまったのだ。
その後も、クリスマス プレゼントが化け物になって襲ってきたり。クッキー マンが襲ってきたりと次々に襲われ、殺されていく従妹と親戚達。
トムの案で除雪車まで走り、車で警察署まで逃げ込もうと外に出たが、次々と襲ってくる怪物になすすべなく、一人、また一人と減っていく親戚。
除雪車にはたどり着いたが、気づいたらマックス一人だけになっていた。

マックスが家の方向に戻ると、そこではクランプスとエルフと妖精たちが宴会を開いていた。
そして、地獄への入り口が地面に開き、従妹が突き落とされそうになっていた。
「もうやめてくれ。家族を全員戻してほしい。代わりに僕が犠牲になるから。」と泣いて頼むマックス。

同情を示したかに見えたクランプスだったが、突然高笑いをはじめ、従妹を地獄へ続く穴に突き落とした。
そのあと、マックス自身もクランプスによって、穴に落とされてしまった。

気が付くと、マックスはベッドの中で寝ていた。
ベッドから出てリビング ルームに行くと、家族と親戚が団らんとして幸せな時間を過ごしていた。
『良かった、全部夢だったんだ。』と思い、自分のプレゼントを開けると、そこにはクランプスからのベルが入っていた。
それを見た一同は、全員が凍り付いた。

そんなマックス達家族を、家ごと小さなおもちゃの家に収め、コレクションの棚に飾るクランプス。
ここで映画は終わり。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ