2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ルーパー ネタバレ


Sponsored Link
ルーパーのネタバレ




近未来タイムマシンが開発されるが、
使用が禁止されているため、
犯罪組織だけがタイムマシンを利用していた。


近未来では、証拠を残さずに人を殺すことが難しいため、
犯罪組織は、殺したい人を拉致し、
現代に送り、現代の殺し屋に殺しを依頼していた。


この殺し屋のことを、ルーパーと言う。


主人公のジョーもルーパーだが、
ある日30年後の自分が送られてきて、
殺し損ねて逃してしまう。


ルーパーを管理していた犯罪組織から
命を狙われるジョーだったが、
逃げ回りながらも30年後の自分と会うことに成功し、
30年後に何が起こるかを聞く。



30年後、最愛の人と過ごしていたジョーは、
レインメーカーというボス率いる犯罪組織に
最愛の人を殺され、復讐を誓い、
レインメーカーを殺すために過去に戻ってきたのだという。


レインメーカーの正体を現代の子供3人のうちの誰か?
まで絞っていたジョーは、レインメーカーの可能性のある子どもたちを
次々と殺していく。


一方、
現代のジョーは、30年後のジョーを殺すために
レインメーカー候補の子供の家で貼りこみをしていた。


ちなみに、実は現代のジョーが張り込みしていた家の子供こそ、
レインメーカーだということが途中で分かる。

子供なのに頭良すぎるし、強い意志を持ってるし、
化け物クラスの超能力を持っててやばい。
ちょっと羨ましいw


30年後のジョーは順調(?)に子供を殺していき、
ついでに現代の犯罪組織を壊滅させ、
最後に現代のジョーの張り込んでいる家にたどり着く。


ヤングジョーvsオールドジョーは、あっさりオールドジョーが勝ち、
子供のレインメーカーを殺そうとする。


そのとき、レインメーカーの母親が体を張って子供を守ろうとする。
このままオールドジョーが銃の引き金を引けば、
母親が死に、レインメーカーは強い孤独と復讐心を持ち、
犯罪組織のボスとして順調に成長してしまうと感じた現代のジョーは、
自分の胸を銃で打ち抜き、自殺する。

その瞬間、30年後のジョーも消え、
母親とレインメーカーは幸せに暮らし、
犯罪組織はできないんじゃないの?という感じでエンドロール




なんか、ストーリーだけ書くと単調ですねw

レインメーカーの子供が化け物クラスの超能力者だった!
っていうのがびっくりポイントだと思うんですけど、
あんまり物語を関係なかったから、素直に驚けなかったw



もっとストーリーに絡めてたら面白かったのかもしれないけど、
全体的にばらばらで、素直に楽しめなかったな~


なんでこんなに評価が高いのかがいまいちわからなかったです(^^;)




Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ