2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

殿、利息でござる! あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

殿、利息でござる! あらすじ ネタバレ





殿、利息でござる!のあらすじ(ネタバレ)です。

1766年仙台藩の宿場町・吉岡宿では、仙台藩から「伝馬役」という役目を課されていた。
「伝馬役」は、宿場町間の物資の輸送を請け負う役目で、馬の調達、人足の調達などで莫大な費用がかかるが、その出費は宿場町の住人が負担していた。
特に名産の無い吉岡宿では、支払いができない住人も多く、夜逃げする人が増える一方で、宿場町は廃れる一方だった。

吉岡宿の酒屋の当主・穀田屋十三郎 (阿部サダヲ) は、そんな状況に打破しようと、お上に上奏文を出そうとしていた。
しかし、そんなことをすれば十中八九打ち首になる。
たまたま町に帰ってきていた知恵者の菅原屋篤平治 (瑛太) は、十三郎を止めて、十三郎を助けた。
その後吉岡宿の飲み屋に行き、酒を飲んでいるときに、篤平治が妙案を持ち出した。
「お上にお金を貸して、その利息を伝馬役の費用に回せば、宿場町の負担は大きく減るんじゃないか。」

しかし、お上にお金を貸すとなると費用は莫大。千両 (現在の価値で約 3 億円) となり、とても賄える金額ではなかった。
篤平治も酒の席の笑い話と考えて流したが、十三郎は本気で捉え、出資者を集め始めた。
篤平治は、十三郎が本気になってしまったことに困り果て、早く諦めさせるために、「まずは上役に相談せねば!」とけしかけた。
しかし、篤平治の思惑をよそに、無私の気持ちで吉岡宿のために大金を出資しようとする気持ちに感動し、逆に上役達をどんどんと説き伏せる形になってしまった。

さらに、歴史に名を残す目的で出資する者、吉岡宿の他の長者のプライドで出資する者、勘違いして出資する者などが集まった。
そして、噂は広がり、吉岡宿で一番の大金持ちで、十三郎の弟の浅野屋甚内 (妻夫木聡) の耳にも話が入った。
浅野屋は先代の浅野屋甚内 (山崎努) の代から、ケチで無慈悲、極悪な金貸しとして吉岡宿全体の嫌われ者で、出資するはずなど無いと誰もが考えていた。
しかし、甚内は即答で、巨額を出資すると言い出し、一同を驚かせた。
小さい頃に丁稚奉公にだされ、父親と弟をお金の亡者と嫌悪していた十三郎は、これにひどくプライドを傷つけられ、出資者の輪から外れた。

なんとか千両が集まった一同を代表し、一番上役の千坂仲内 (千葉雄大) が、直接城に行き、直訴することとなった。
しかし、仙台藩の切れ者・萱場杢 (松田龍平) に「話にならない。」とあっけなく却下されてしまった。
意気消沈して吉岡町に帰ってきた千坂仲内。希望は断たれてしまった。

ある日、浅野屋に忍び込もうとしている男が捕まった。
男は、もともと吉岡宿に住んでた男で、浅野屋からの思い借金に耐えきれず、夜逃げしたと噂される男だった。
てっきり、浅野屋に仕返しに来たと思った一同だったが、逆だった。
浅野屋は、借金を取り立てるどころか、夜逃げする男に「あんたはよく頑張った。卑屈になるな。あんたのせいではない。」と声をかけて大金を渡したといった。
そして、男はそのときの恩を返すためにやってきたが、先代甚内はすでに死んでいて、息子の甚内にも「お金はいらない」と突き返されたと言った。

たまたま話を聞いてしまった十三郎は、守銭奴と忌み嫌っていた父親の行いに驚き、浅野屋に出向いて母親に話を聞いた。
父親は、実は守銭奴どころか、優れた人格者であった。
しかも、篤平治が思いつくよりも 50 年も前に同じことを思いつき、毎日質素な生活を送りながらお金をためていた。
お金持ちでありながら質素な生活をしてお金をためる姿にケチだ、守銭奴だと忌み嫌われていたが、そんなことには一向に構わずに、吉岡宿全体の未来のためにお金をためていたのだと言った。
そして、それを口外してはいけないということが遺言だった。
十三郎を幼いうちに養子に出したのも、弟の甚内が目を患っていたために、養子に出せない理由が合ったのだと言った。
だからこそ、何も知らないはずの十三郎が、父親と全く同じ発想でお金を集めだしたと聞いたときに、甚内はさらりと大金を出せたのだと言った。

その話を聞いた一同の心には火がつき、千坂仲内は早速、再び直訴しにお城に行った。
その行いが上役にも届き、ようやく萱場杢から許しが出た。
しかし、銭ではなく金で出すのが条件。お金を集めていた数年のうちに金の相場は上がり、さらに多くの大金が必要だった。

宿場町の飲み屋の女将・とき (竹内結子) が、吉岡宿の住人全員からつけを回収して出資したが、まだまだ全然足りない。
甚内は、さらに大金を出資すると言い出した。
「店が潰れては仕方がない!そこまでの出資は受け取れない!」と断る十三郎。
しかし、実はその頃、巨額の出資のためにすでに店は潰れかけ、商いができない状態だった。
さらに家財をすべて売り払う覚悟で、頭を下げて出資を申し出る甚内の姿に、十三郎は断ることはできなかった。
そして十三郎の息子が丁稚奉公に出て、費用を前借りする形で、どうにか千両を集めることができた。

萱場杢の思惑を裏切り、お金を集めてきた一同たちを、萱場杢は高く評価して城に招いて賞賛した。
しかし、その場に甚内の姿は無かった。
先代の教えで、「馬に乗っては行けない。カゴに乗っては行けない。ひいては人を苦しめてはいけない。」という教えが合ったからだと、十三郎は言った。

その話を聞いて感動し、なんと仙台藩第7代藩主・伊達重村 (羽生結弦) が直々に浅野屋を訪れた。
そして酒名を残し、礼を言って去っていった。

その後は篤平治の思惑通り、吉岡宿はお上からの利息をもらい続け、伝馬役の負担は大きく減った。
また、浅野屋は殿様お墨付きとなり、以前より大きな繁栄を手にした。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ