2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

デッドプール あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

デッドプール あらすじ ネタバレ





デッドプールのあらすじ(ネタバレ)です。

元凄腕の傭兵ウェイド・ウィルソン (ライアン・レイノルズ) は、ニューヨークで日銭稼ぎをしながら暮らしていた。
ある日、傭兵の溜まりやのバーで高級娼婦のヴァネッサ (モリーナ・バッカリン) に出会った。
変わり者同士、急激に惹かれ合った2人はすぐに交際を始め、結婚を誓う仲になった。

しかし、ウェイドの体中はガン細胞に犯されていることがわかった。
ウェイドは結婚を破棄して別れようと告げたが、ヴァネッサは許さず、二人で療養の道を探ることになった。
そんな中、ウェイドの前に謎のスーツの男リクルーター(ジェド・リース)が現れ、自分たちに協力すれば全身に回ったガンを治す事ができると告げてきた。

ウェイドは一笑に付したが、ヴァネッサのことを想い、ガンが治る可能性が少しでもあるならとリクルーターの誘いに乗った。
連れて行かれた先は薄暗い地下にある研究施設で、エイジャックスと名乗る男・本名はフランシス・フリーマン (エド・スクライン) が署長を務める、人体実験を行う施設だった。
そこでは、非合法に人間にミュータントの遺伝子を注射し、拷問にかけてアドレナリンを放出させて強制的に後天的ミュータントを生み出す人体実験をしていた。
フランシス自身もミュータントになって無痛の体を手に入れ、フランシスの側近の女性・エンジェル・ダスト(ジーナ・カラーノ) は怪力の能力を手に入れていた。
後天的に作り出したミュータントは、テロリストや反政府組織に売ったり、奴隷として金持ちに売っているらしい。

ウェイドは数々の拷問にかけられ、最後にはウルヴァリンの超回復能力を持つミュータントになった。
ミュータントになった直後に、逃げるために研究施設を爆破したが、フランシスとの一騎打ちに負けて鋼鉄の棒に串刺しになり、焼けた研究施設に埋もれてしまった。
しかし超回復能力のお陰でどうにか生き延び、フランシスへの復讐を誓った。

ウェイドはすぐにヴァネッサに会いに行ったが、ミュータント化の影響で全身が醜くなってしまったため、ヴァネッサの前に立つことはできなかった。
すぐにフランシスの場所を突き止めるために、フランシスの部下たちを次々と狩り、ついにフランシスを捕まえて追い詰めた。
しかし、XMENのコロッサス(ステファン・カピチッチ)(全身が鋼鉄の大男のミュータント)とネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド(ブリアナ・ヒルデブランド)(原子力のエネルギーを放出できる十代少女のミュータント)のXMENへの勧誘に会い、フランシスを取り逃がしてしまった。

逃げたフランシスは、ウェイドの行きつけのバーの店長ウィーゼル(T・J・ミラー) からヴァネッサの情報を盗み出し、ヴァネッサを拉致した。
ウェイドはコロッサスとネガソニックの力を借りてフランシスのアジトに向かった。
激しい戦いとなったが最後にはフランシスを殺して復讐を果たし、助け出したヴァネッサに受け入れられてハッピーエンドとなった。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ