2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

デッドプール 感想 レビュー 70点


Sponsored Link

デッドプール 映画





(70%)

邦題 デッドプール
原題 Deadpool
監督 ティム・ミラー
脚本 レット・リース, ポール・ワーニック
原作 ファビアン・ニシーザ, ロブ・ライフェルド
製作 ローレン・シュラー・ドナー, サイモン・キンバーグ, ライアン・レイノルズ
製作総指揮 スタン・リー
出演者 ライアン・レイノルズ, モリーナ・バッカリン, エド・スクライン, T・J・ミラー, ジーナ・カラーノ, レスリー・アガムズ, ブリアナ・ヒルデブランド
製作会社 20世紀フォックス, マーベル・エンターテインメント, ザ・ドナーズ・カンパニー
配給 20世紀フォックス
公開 2016年2月12日(アメリカ)
2016年6月1日(日本)
上映時間 108分

デッドプール 感想 レビュー


デッドプールの感想です。
ブラック ユーモア満載の、一味違ったヒーロー映画でした。
マーベルのギャグ担当はアントマンがいましたが、デッドプールはブラック ギャグ担当?なんですかね。

直訳すると死の池とか、死の水たまりとかになると思いますが、意味は「死の賭け」(命を賭けた博打)のようです。
怖い名前の通り、ヒーローではなく、悪いやつを倒す悪いヤツの位置付けのようで、言葉は汚いし、平気で人を殺すし、自分は正義では無いと主張しています。
でも、強いミュータントなので、XMEN に勧誘されているようです。

デッドプールはマーベルなので、XMEN に加入されてるけど、アベンジャーズのリーダーに立候補もしてるみたいです。
理由は、モテたいから。
今後、アベンジャーズ シリーズとの絡みもあるのか?XMEN シリーズと絡むのか?わかりませんが、どちらにしろかなり濃いキャラクターですね。

ちなみに、映画の中で注射されたのはウルヴァリンのヒーリング能力らしいです。
この後、サノスに「不死の呪い」も賭けられて死ねない体になるそうです。
いつでも明るく馬鹿なことばかり言っていますが、実は大変な宿命を負っているヒーローなんですね。

あと、「緑のスーツはやめて~」というセリフは、主演のライアン・レイノルズさんが映画グリーンランタンにも主演したけど、興行的には大失敗したためのようです。
こういう裏設定が分かると、映画がより面白くなりますね。
また、ウルヴァリン ゼロで出てきた、あらゆるミュータントの能力・特にウルヴァリンの能力を取り入れた究極ミュータントが実はデッドプールらしいです(演じているのも本作と同じライアン・レイノルズ氏)。
本当、デッドプールって裏設定が多いですね。下品で卑猥で毒舌の異端児ヒーローですが、結構愛されているんですね。

映画事態は、可もなく不可もなくな面白さですかね~。
最近のヒーロー映画だと、アントマンの方が私は好きでしたね。
ただ、デッドプールのほうがギャグは多い (ブラックギャグばかり) と思うので、好みが別れるところかと思います。
アベンジャーズのメンバーとカラムと、キャプテン・アメリカと大喧嘩になりそうです。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ