2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

セブンス・サン 魔使いの弟子 感想 レビュー 70点


Sponsored Link

セブンス・サン 魔使いの弟子 映画





(70%)

邦題 セブンス・サン 魔使いの弟子
原題 Seventh Son
監督 セルゲイ・ボドロフ
脚本 チャールズ・リーヴィット, スティーヴン・ナイト, アーロン・グジコウスキ(クレジットなし)
原案 マット・グリーンバーグ
原作 ジョゼフ・ディレイニー, 『魔使いの弟子』
製作 ベイジル・イヴァニク, トーマス・タル, ライオネル・ウィグラム
製作総指揮 ジョン・ジャシュニ, ブレント・オコナー, アリシア・カーター
出演者 ジェフ・ブリッジス, ベン・バーンズ, アリシア・ヴィキャンデル, キット・ハリントン, オリヴィア・ウィリアムズ, アンチュ・トラウェ, ジャイモン・フンスー, ジュリアン・ムーア
音楽 マルコ・ベルトラミ
撮影 ニュートン・トーマス・サイジェル
編集 ポール・ルベル, ジム・ページ, マイケル・カーン
製作会社 レジェンダリー・ピクチャーズ, サンダー・ロード・ピクチャーズ, 中国電影集団公司
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 2014年12月17日(フランス), 2015年2月6日(アメリカ), 劇場未公開(日本)
上映時間 102分

セブンス・サン 魔使いの弟子 感想 レビュー



セブンス・サン 魔使いの弟子の感想です。
中世の雰囲気、ドラゴン、魔女、魔法使い、剣士など、ファンタジー要素抜群の世界観で面白かったです。
主役の二人も美男美女だし、戦闘シーンも多くて見応えありました。

ヒロインの魔女の娘・アリスを演じたアリシア・ヴィキャンデルさんは、エクス・マキナで感情のある機械人間を演じた方なんですね。
エクス・マキナでは数々の映画賞を受賞・またはノミネートされている女優さんです。
本作ではそんなにずば抜けた演技力は感じなかったけど、役のせいですかね?
エクス・マキナでは演技力も示したし、凄く可愛いし、注目の女優さんだと思います。

主人公の魔女の7番目の息子で魔法使いの弟子・ベン・バーンズさんはえらいイケメンですね!
名前で検索しても、格好いいとか、イケメンとか、恋人とか、結婚とかの検索ワードばかり。
超絶イケメンだし、日本にも総統ファンがいるってことですね。

本作の感想に戻りますが、雰囲気はロード・オブ・ザ・リングをちょっと軽くした感じだと思います。
だから、あういう中世の雰囲気のファンタジー映画が好きな方には気に入られるんじゃないかと。
ただ、なんだかあっさりしてて、全体的に軽い気がするのが惜しかったですね。
もともとは長編の小説のようなので、約100分の尺に収めるために削って削ってを頑張ったんじゃないでしょうかね。

お金かけてるみたいで映像もきれいだし、雰囲気も良いし、ストーリーもそそるものが合ったのですがなんだか記憶に残りにくい、そんな惜しい感じの映画でした。
もうちょい時間を長くして、説明とかエピソードを盛り込んでも良かったんじゃないかな?
とはいえ、世界観はかなり良くて楽しめたので、ファンタジー映画が好きな方なら見る価値ありかと思います!



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ