2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

テラフォーマーズ あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

テラフォーマーズ あらすじ ネタバレ





テラフォーマーズのあらすじ(ネタバレ)です。

人口が増え続ける地球にとって、惑星移住計画は必須のものとなっていた。
その中でも人類は火星に目をつけ、火星を人類が住める環境にするために、酸素を作り出す苔と厳しい環境でも生き残れるゴキブリを宇宙船で送り込んだ。

500年後、火星では苔が火星中に広がり、苔のおかげで大気ができていた。
火星は人が住める星になっているか調査するため、そして繁殖したと思われるゴキブリを駆除するために、日本はバグズ2号という宇宙船に15人の乗組員を載せて火星に飛ばした。

火星につくと、艦長・堂島啓介(加藤雅也)の命令でゴキブリ駆除用の大型殺虫剤が散布された。
後はゴキブリが死ぬのを待ち、火星の環境を調べに行くだけ。簡単なミッション。。。かに見えた。

小町小吉(伊藤英明)は幼馴染の秋田奈々緒(武井咲)と一緒に火星を探索していたところ、目の前に巨大な黒い人型の生物がいることに気付いた。
火星人かと思い、おそるおそる声をかけてみると、黒い人型生物は突然奈々緒に襲い掛かり、殺し、目も前から姿を消した。

小町は奈々緒の死体を連れてバグズ2号に戻ると、他の乗組員も巨大な黒い人型生物に遭遇し、殺されたものもいた。
それは、火星で急速に進化したゴキブリとのことだった。
実は日本政府の科学者で、このプロジェクトの想起人・本多博士 (小栗旬) はこれを予測し、急速に進化したゴキブリに対抗するために調査員全員に、人類を超えた昆虫の力を与える手術をしていたのだ。
むしろ、その手術に適合できることが、バグズ2号の乗組員の選定基準だったのだ。

そうこうしているうちに、バグズ2号の周りには数千匹規模のゴキブリが集まってきて、バグズ2号に襲い掛かってきた。
艦長と蛭間 (山田孝之) だけがバグズ2号に残り、他の乗組員は、10年前に日本が打ち上げて火星に放置されていた宇宙船・バグズ1号に移ることになった。
艦長と蛭間は昆虫の能力を開花させる薬を自らに打ち込み、昆虫の能力を使ってゴキブリたちを倒していった。

自らおとりを名乗り出た蛭間と艦長は、実は日本政府からゴキブリのサンプルを持ち帰るという特別な指令を受けていたのだ。
蛭間はすぐにバグズ2号から空気を排出。バグズ2号の中にいたゴキブリたちは、蛭間、艦長とともに次々倒れていった。

しかし、一匹だけ歩き回るゴキブリがいた。そのゴキブリは薄れた意識で倒れている艦長に銃を向け、日本語で話しかけてきた。
「お前はだれだ?」艦長が聞くと、ゴキブリの中から、死んだと思っていた森木 (菊池凛子) が現れた。
森木は、ゴキブリを操る昆虫の能力を持っていて、ゴキブリの体内からゴキブリを操っていたのだ。

さらに、森木と昼間は本多から、ゴキブリの卵を持ち帰るという特別な任務を受けていたのだ。
任務を達成した森木は艦長を撃ち殺し、蛭間を起こして地球に帰還する準備を始めた。
バグズ2号を地球に向けて発進させたところ、森木が手に入れたゴキブリの卵が孵化し、中からゴキブリが出てきた。
森木は孵化したばかりのゴキブリに毒を打ち込み、自分に従わせようとしたが、孵化したゴキブリには毒が聞かなくなっていて、森木は殺されてしまった。
また、孵化したゴキブリが大声をあげて仲間を呼ぶと、火星の地表にいた数千匹のゴキブリはバグズ2号に襲い掛かり、バグズ2号は墜落してしまった。

一方、バグズ1号にたどり着いていた小町達は昆虫化してゴキブリと戦っていたが、監視用小型ロボットを通して本多博士から真実を聞き、自分たちが騙されていたことを知った。
迫りくる無数のゴキブリを次々と倒していく小町、大張 (小池栄子)、武藤 (山下智久) だったが、大張が殺され、武藤は薬の使いすぎて戦闘不能になっていた。

そのとき、バグズ2号にいた、死んだはずの奈々緒が蛾の能力を持って生き返り、戦場を舞った。
ゴキブリが銃を使って奈々緒を攻撃したとき、鱗粉に火がついて粉塵爆発が起こり、大量のゴキブリが爆発で死んだ。

生き残った小町は、墜落したバグズ2号の中に入り、同じく生き残った蛭間とともに脱出ポッドで地球に向かった。
蛭間は脱出の際に、火星での出来事と日本政府の思惑を地球の世界中に発信した。
これにより、本多は失脚。地球に帰ってすぐに殺されていたであろう自分と小町の命に、次につなぐ希望を与えた。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ