2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

イニシエーション・ラブ あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

イニシエーション・ラブ あらすじ ネタバレ





イニシエーション・ラブのあらすじ(ネタバレ)です。

数学科のさえない大学生・鈴木(森田甘路)は、たまたま人数合わせで誘われたコンパ(合コン)で、成岡繭子(マユ)(前田敦子)という美少女に出会い、ひとめぼれした。
なぜか偶然にもマユも鈴木に興味を持ったらしく、その後 2 人は一緒に食事に行くようになり、だんだんとひかれあってついには付き合うことになった。
不細工で太った体系、オタク丸出しファッションだった鈴木は、マユに気に入られるためにファッションにも気を使いだし、車の免許をとるために教習所にも通った。
また、マユに「痩せたらもっと格好良くなっちゃうかも」と乗せられて調子に乗った鈴木は、ダイエットして痩せる決心を固めた。

鈴木(松田翔太)は、マユにぞっこんで幸せな日々を送っていたが、仕事の関係で急きょ静岡を出て東京に派遣されることになった。
最大で 3 年間。遠距離恋愛はつらかったが、鈴木はまゆのために毎週末に東京から静岡に車で帰郷し、週明けに東京に戻る生活をつづけた。

会社では、同期入社の石丸美弥子(木村文乃)と仲良くなった。
鈴木は、石丸の大人びた魅力にだんだんとひかれていき、一方で子供っぽいマユに苛立ちを覚え始めていた。
そんな中、マユから妊娠したことを告げられた鈴木は気持ちが荒れだし、マユに対してきつい態度をとるようになっていった。

東京では鈴木は石丸と仲良くなり、毎日一緒に昼食をとるようになっていた。
ふと、石丸が突然鈴木に告白。鈴木はマユのことを考えていったんは断るが、遊びでも構わないという石丸の言葉と魅力にひかれ、石丸と関係を持つようになる。
ついにはマユに子供をおろさせ、マユを捨てるように別れて、石丸と付き合うこととなった。

マユと別れて数か月がたち、気持ちが整理できてきた鈴木だったが、酔ったときに石丸に電話しようとしてついついマユに電話してしまう。
数か月の電話、しかも無言だったにも関わらず、マユは「誰?たっくん?(鈴木のあだ名)」と呼び、鈴木は罪悪感で心が揺れ動いた。

その年のクリスマス、鈴木は石丸の実家で石丸の両親と一緒に過ごしていたが、クリスマスに予約したホテルを勝手にキャンセルしてしまい、マユに伝えていなかったことを思い出し、「もしかしたらマユが別れたことを認識していなくてホテルで待っているかもしれない。」と考えだし、急きょ車を出して静岡に向かった。
ホテルに着くと、そこにはマユの姿があった。
罪悪感と嬉しさの入り混じった複雑な気持ちでマユに近づくと、横から飛び出してきた大柄の男にぶつかって、鈴木は地面に倒れた。
飛び出してきた男を見ると、太った方の鈴木だった。

実はこの映画は、鈴木(森田甘路)がダイエットして痩せて鈴木(松田翔太)になったように見せていたが、時系列は逆。
鈴木(松田翔太)に捨てられて傷心だったマユは鈴木(森田甘路)の純朴さに癒され、付き合うことになった。
そこに勘違いした鈴木(松田翔太)がしゃしゃり出てきた構図だ。

「どうしたの?たっくん?」
マユこと前田敦子さんの小悪魔な微笑で映画は終わり。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ