2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

アーロと少年 感想 レビュー 70点


Sponsored Link

アーロと少年 映画





(70%)

邦題 アーロと少年
原題 The Good Dinosaur
監督 ピーター・ソーン
脚本 メグ・レフォーヴ
原案 ピーター・ソーン, エリック・ベンソン, メグ・レフォーヴ, ケルシー・マン, ボブ・ピーターソン
製作 デニス・リーム
製作総指揮 ジョン・ラセター
出演者 レイモンド・オチョア, Jack Bright, サム・エリオット, アンナ・パキン, A.J.バックリー, ジェフリー・ライト, フランシス・マクドーマンド, スティーヴ・ザーン
音楽 マイケル・ダナ, ジェフ・ダナ
編集 スティーブン・シェーファー
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ, ピクサー・アニメーション・スタジオ
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 2015年11月25日(アメリカ), 2016年3月12日(日本)
上映時間 100分

アーロと少年 感想 レビュー



アーロと少年の感想です。
さすが安定のピクサーとディズニー。映像はきれいだし、友情あり、勇気あり、感動ありで面白かったです。
ストーリーは非常にシンプルで子供にもわかりやすいと思いますし、大人でも楽しめました。

本作は、日本ではモンスターズ・インク以来、14年ぶりに劇場公開されるピクサー映画のようです。
制作に 3 億ドル近くかかった、力の制作陣としては期待を込めた映画だったようですが、ピクサーとしては初の売り上げ損失をもたらした映画になったようです。
悪い映画ではなかったし、十分楽しめましたけど、シンプル過ぎて大人には物足りなかったのかな?子供には見せたい映画でしたけどね。

隕石が地球に落ちずに恐竜が絶滅しなかった世界、地球の支配者の恐竜は、農業や牧畜に精を出し、人間のような独自の文化を作り出して生活している。
そんな中、恐竜のペット (犬) のような存在の原始人と恐竜の友情という、一風変わった設定は面白かったですね。
設定にこだわりすぎずに無難な感動映画としてまとめたのは評価できると思いますが、見終わってみての素直な感想としてはそつがなさ過ぎて綺麗過ぎたかなと感じます。
結果論ベースでの感想になってしまいますが、もう少し設定を生かした展開があってもよかったかもしれません。

子供向け 3D アニメ映画としては、ドリームワークスの『ヒックと ドラゴン』のほうが面白かったですかね。個人的にも、世間の評判的にも。
本作が楽しめた方でしたら、『ヒックと ドラゴン』 も非常におすすめです。

まとめますと、アーロと少年は地球に隕石が落ちなかった世界で恐竜と原始人の友情を描くというユニークで面白い映画でした。
シンプルなストーリーながら、友情、勇気、感動がきれいにはまっていましたし、映像も綺麗で良い映画だったと思います。
少し子供向け映画として優等生過ぎる部分もありますが、ファミリー向け映画として十分おすすめできる面白い映画だったと思います。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ