2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

エニイ・ギブン・サンデー あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

エニイ・ギブン・サンデー あらすじ ネタバレ





エニイ・ギブン・サンデーのあらすじ(ネタバレ)です。

かつて名選手とうたわれたトニー・ダマト(アル・パチーノ)は、今はマイアミのプロ・アメリカン・フットボールチームのマイアミ・シャークスのヘッド・コーチをしていた。
今シーズンは負けが続き、不振に陥っていたところに、チームのキャプテンで花形クオーターバックのジャック“キャップ”ルーニー(デニス・クエイド)がけがをしてしまい、途中退場。
代わりに出てきた二番手のタイラーも、出場したと思ったらすぐに怪我で退場してしまった。

仕方なく、名前も初めて聞くような新人黒人選手のウィリー・ビーメン(ジェイミー・フォックス)を試合に出すことになった。
明らかに緊張していてグラウンドで嘔吐してしまうような頼りない青年だったが、試合では目を見張る活躍を見せた。

その後、新人ウィリーの活躍でチームは連勝を重ねて一躍ヒーローになった。
一方、図に乗って仲間をこけ脅すウィリーの態度に、チームの仲間はウィリーに冷たく当たるようになる。
若い美人女性オーナーのクリスティーナ・パグニアーチ(キャメロン・ディアス)は、見栄えがするからウィリーを起用するようにトニーに圧力をかけるが、トニーは命令を無視して自分勝手なプレーを繰り返すウィリーよりも、古参のキャップを起用しようとした。

その後もいろんな奮闘があったが、38歳で全盛期を過ぎたキャップは、自分の限界を知り、ウィリーに夢を託すようになった。
ウィリーも痛い目を見て自分を見つめなおし、トニーの言葉に従って仲間を信じるようになった。

最後はウィリーの活躍で、プレーオフを決める大一番に勝利し、プレーオフ進出を果たした。
トニーはクリスティーナと良い関係が築けずにヘッドコーチを辞退することになったが、トニーは密かに別のチームからの勧誘を受けていて、チームを移籍することとなった。
最後にトニーは新チームにウィリーを勧誘し、ウィリーを引き抜いて去って行った。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ