2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

アメリカン・ヒストリーX 無料 動画 評価


Sponsored Link

アメリカン・ヒストリーX 無料





映画アメリカン・ヒストリーXの動画を無料で視聴する方法をまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。



アメリカン・ヒストリーX 動画



予告編


白人至上主義の兄弟を通して、アメリカの人種差別問題を痛烈に批判した映画です。
主演のエドワード・ノートン氏の演技はやはり最高です。
弟役は、ターミネーター2の美少年・エドワード・ファーロング氏(坊主だから気付かなかったけど)
社会に対するメッセージ性の強い映画ですので、そういった映画が好きな方にはとても興味深い映画だと思います。


アメリカン・ヒストリーX 評価



アメリカン・ヒストリーXの評価は、賛否両論あるようですが、おおむね高いようです。

好意的な評価としましては、
・人種差別問題など、色々と考えさせられる映画でした。
・暴力と対峙する兄弟の純な姿に落涙した
・登場人物の心理状態やその場の空気感を観客に自然と想像させるような撮り方が全体を通して見られた点に好感が持てた。

批判的な評価としましては、
・まあまあかと?

参考:アマゾンのレビューページ
アメリカン・ヒストリーX 評価

批判的なコメントは少なく、おおむね評価の高いコメントが多かったです。
評価の低いコメントが少ない理由としては、社会的なメッセージ性が高いので、万人受けの映画というよりは、見る人が限られている映画だというのもあると思います。
ただ、それを差し引いても興味深い映画だったと思います。

アメリカの人種差別というのは、良く映画のテーマとしても挙げられますが、非常にデリケートな問題ですね。
日本にも外国人が増えてきたとはいえ、まだ大多数は観光客やビジネス関係で、永住する外国人はまだ少なく、人種差別もそこまで騒がれてはいないと思います。
難民を受け入れていない、基本的に英語が通じない等の理由で、永住権と手に入れるためのハードルが高いことも関係していると思います。

ただ、これから先どうなるか分かりませんし、島国根性丸出しの日本は、多くの外国人永住者が来日してくれば、人種差別は大きな社会問題になるかもしれませんね。
そういった意味では、完全に対岸の火とは言えない人種差別。
考えさせられるところが大きい映画でした。

もちろん、答えの無い難しいテーマかもしれませんが、映画の最後のシーン、最後の言葉は、2つの結論を物語っているかもしれません。
「恨みの感情は恨みの感情を呼ぶ。恨みや怒りでは誰も幸せにならない。」というメッセージと、「人種差別などなかった時代を思い出し、友好を取り戻そう」というメッセージ。

アメリカン・ヒストリーXは、数ある人種差別をテーマにした映画の一つかもしれませんが、非常に興味深い映画だったと思います。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ