2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

デンジャラス・ビューティー 感想 レビュー 60点


Sponsored Link

デンジャラス・ビューティー 映画





(60%)

邦題 デンジャラス・ビューティー
原題 Miss Congeniality
監督 ドナルド・ペトリ
脚本 マーク・ローレンス, ケイティ・フォード, カリン・ルーカス
製作 サンドラ・ブロック
製作総指揮 ブルース・バーマン, マーク・ローレンス, ジンジャー・スレッジ
出演者 サンドラ・ブロック, マイケル・ケイン, ベンジャミン・ブラット
音楽 エド・シェアマー
撮影 ラズロ・コヴァックス
編集 ビリー・ウェバー
製作会社 ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ, キャッスル・ロック・エンターテインメント
公開 2000年12月22日(アメリカ), 2001年6月9日(日本)
上映時間 109分

デンジャラス・ビューティー 感想 レビュー



デンジャラス・ビューティーの感想です。
粗雑な女性FBI捜査官が、ミスアメリカのコンテストに潜入捜査する映画です。
主演のサンドラブロックさんが、オシャレに無関心の下町女から、誰もが羨む超美人に変身します。

っと言っても、さすがにサンドラブロックさん、下町女の頃から十分綺麗なので、驚くほどの変身という感じでは無かったかなと思います。
設定は面白かったですが、もうちょっと話に起承転結と盛り上がりがあった方が良かったかな?ということで60点にしました。

『マイ・フェア・レディ』や『プリティ・ウーマン』のように、女性が美しく変身する映画って見ていて面白いですよね。
中身は変わっていないのに、周りの男性の一遍に変わる瞬間とか、笑えます。
ただ、正直本作では、作中での準備期間が2日間しかなかったので、そこまでの変身はしていないかなという感じです。
下町女が美女に変身!がテーマの映画ですので、もうちょっとそこが強調されてても良かったかな?と。

まとめますと、設定は面白かったですが、映画としては可もなく不可もなくで、盛り上がりに欠けるかなという印象でした。
ただ、主演のサンドラブロックさんの魅力が詰まっていますので、ファンに方にはおすすめできるかと思います(多分)



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ