2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ハンガー・ゲーム2 あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

ハンガー・ゲーム2 あらすじ ネタバレ





ハンガー・ゲーム2のあらすじ(ネタバレ)です。

前作ハンガー・ゲームで優勝した第12地区のカットニス・エヴァディーン(ジェニファー・ローレンス)とピータ・メラーク(ジョシュ・ハッチャーソン)は、キャピタルの富裕層から絶大的な人気を得ていた。
一方、貧民階層である12地区出身でありながら、殺人エリートの他区代表者と戦い、最後まで生き抜いた姿は、貧民層の多くの住民の心を揺さぶり、彼らからも高い人気を誇っていた。

スノー大統領(ドナルド・サザーランド)は、カットニスとピータに凱旋ツアーと称して、優勝者として各地区を回り、演説をしてキャピタルへの反抗心を収めるように命令した。
2人は乗り気ではなかったが、家族と地区を守るために凱旋ツアーに参加した。
第11区での演説時、カットニスは、命を懸けて自分を助けてくれた少女のことを思い出し、とっさに気持ちが高まり、本心から感謝の意思を述べた。
その言葉に感動した老人が、カットニスとピータに対し、12地区に伝わる尊敬の意味を持つ三つ指のポーズに加えたマネシカケスの音を口笛で鳴らす。
しかし、行為は反抗とみなされ、老人は警備兵につかまって射殺されてしまった。

自分の行いから尊い命が失われたと知ったカットニスは、その後の演説では自分を抑え、原稿を棒読みするようになった。
しかし、それでもカットニスへの人気は高く、カットニスは次第にキャピタルへの反抗の象徴とみられるようになっていった。
それをよく思わないスノー大統領は、カットニスを殺そうともくろむが、キャピタルでの人気も高いだけにむやみには殺せず、ハンガーゲームで殺したくても、優勝者が再度選ばれることは無いというルールが邪魔をした。
そこでスノー大統領は、カットニスを公然と殺すために、前代未聞の歴代優勝者のみを集めたハンガーゲームを行うこととした。

歴代優勝者を集めたハンガーゲームが企画され、カットニスとピータは再び第12区の代表として、ハンガーゲームで殺し合いをすることとなった。
アドバイザーのヘイミッチ・アバナシー(ウディ・ハレルソン)からは、生き残るためにはまずどこかの地区と同盟を組むことが大事だと伝えられた。

最後に生き残るのは1人だけのため、当初は同盟に否定的だったカットニスだったが、他区の代表者と話していくうちに、心を共有できるプレイヤーもいることに気付いた。
何より、代表者全員が、一度優勝したにもかかわらず、またハンガーゲームに出なければならないことに憤りを感じていた。

ハンガーゲームが始まり、フィニック・オデイル(サム・クラフリン)、ジョアンナ・メイソン(ジェナ・マローン)、ビーティー(ジェフリー・ライト)、マグス(リン・コーエン)、ワイレス(アマンダ・プラマー)らと協力して、ゲーム主催者のトラップを交わしたり、他のプレイヤーとの戦闘に生き延びていった。
プレイヤー同士の戦闘やトラップにより、プレイヤーの数はどんどんと減っていった。

あるとき、ビューティーがトラップの規則性に気づいた。
ハンガー・ゲームの会場は大きな時計をモチーフとしており、12のエリアに分かれていた。
定期的に落ちる雷の回数が合図で、回数に応じた時間のエリアにトラップが発動するのだ。

このトラップを逆手にとって他のプレイヤーを一掃する方法をワイレスが思いついた。
巨木に落ちる雷を、自家製ワイヤーで海辺に流し、海辺に集まったプレイヤー達を一掃しようという作戦だ。

カットニス達は早速作戦を実行に移したが、ワイヤーを伸ばしている間に他のプレイヤーに襲われてしまった。
巨木に待機しているピータが心配になったカットニスは、すぐに巨木に戻り、ピータを探したが、そこにピータの姿は無かった。
そのとき、雷が落ちる時間になってしまった。

逃げても間に合わないととっさに理解したカットニスは、ワイヤーを巻きつけた槍を弓で天井に放った。
やりは天井で雷の直撃を受け、天井の雷発生装置がスパークして、天井は崩壊してしまった。

直撃は受けなかったとはいえ、かなりのダメージを受けたカットニスは倒れて動けず、突如現れたヘリコプターに拾われた。
そのまま意識を失ったカットニスがヘリコプターの中で目を覚ますと、そこにはヘイミッチ、フィニック、ハンガー・ゲームの新しいゲーム メーカーのプルターク・ヘヴンズビー(フィリップ・シーモア・ホフマン)がいた。
実は、最初から今回のハンガーゲームは、キャピタルへの抵抗の象徴であるカットニスを活かすために、多数の地区が同盟を組んでいたというのだ。
それを聞いたカットニスは怒り、暴れたが、ヘイミッチによって鎮静剤を打たれ、再び眠りについた。

目が覚めると、目の前にはカットニスの最愛の人・ゲイル・ホーソーン(リアム・ヘムズワース)がいた。
ゲイルによると、第12区はキャピタルによる攻撃を受けたという。
カットニスの母と妹は救ったが、すみかはもはや跡形も無いということだった。
また、一緒にハンガー・ゲームに参加したピータとジョアンナは的に捕まり今もキャピタルにいるということだった。
カットニスは、話を聞きながら、ふつふつと自分の中の復讐心が大きくなっていくのを感じた。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ