2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

残穢(ざんえ)残穢 -住んではいけない部屋- 感想 レビュー 70点


Sponsored Link

残穢(ざんえ) 映画





(70%)

邦題 残穢 -住んではいけない部屋-
監督 中村義洋
脚本 鈴木謙一
原作 小野不由美『残穢』(新潮社刊)
製作 松井智, 高橋敏弘, 阿南雅浩, 宮本直人, 武田邦裕
製作総指揮 藤岡修
出演者 竹内結子, 橋本愛, 滝藤賢一, 佐々木蔵之介, 坂口健太郎
音楽 安川午朗
主題歌 和楽器バンド「Strong Fate」
撮影 沖村志宏
編集 森下博昭
制作会社 ザフール
製作会社 2016「残穢 -住んではいけない部屋-」製作委員会
配給 松竹
公開 2016年1月30日(日本)
上映時間 107分

残穢(ざんえ) 感想 レビュー



残穢(ざんえ)の感想です。
怖くはないけど、割りと悪くないホラー映画でした。
音や視覚で驚かせて怖がらせるような 3 流ホラーではなく、ちゃんとストーリーで怖さを演出するホラーだったので、そこは良かったです。
意外性があるわけではなく、そもそも怖くはなかったですが、話の内容は割りと面白かったので、ホラー好きな方ならある程度楽しめる映画かなと思います。

この映画は、たいていのホラー映画同様、ネタバレ厳禁だと思いますので、あんまり感想がかけないのが辛いですが、内容は評価が分かれそうな内容でした。
世にも奇妙な物語とか好きだった方は好きかもしれません。
映像のクオリティは非情に低いので、視覚で楽しむ方には向いていないと思います。
音の使い方は良かったけど、カメラワークも普通で、特に奇抜な部分は無いですかね。

原作ファンを意識してか、淡々と描かれていたので、そこはもっと演出でカバーしても良かったんじゃないかなと思います。
ホラー映画で演出に頼り過ぎると駄作になりますが、ちゃんと中身のある本作みたいな映画だったら、もっと奇妙な雰囲気を出してみたり、奇抜なカメラワークで通常のシーンを意味ありげに見せたり、光と影をうまく使って恐怖を演出しても良かったんじゃないかと思います。
古い韓国映画ですが、タンスというホラー映画は、そこら辺の演出が絶妙で良かったです(タンスは逆に話の内容がいまいちだったけど)



全体としては、好き嫌いが別れる映画かとは思いますが、個人的には悪く無いホラー映画だったと思います。
ホラー映画はハズレが多いので、そういう意味では及第点以上だったかと思います。
なので、ホラー映画が好きな方には良いかもしれません。

近年のホラー映画だと、インシディアスが飛び抜けて面白かったので、それに次ぐホラー映画がなかなか無いな~。





Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ