2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

オデッセイ 感想 レビュー 85点


Sponsored Link

オデッセイ 映画





(85%)

邦題 オデッセイ
原題 The Martian
監督 リドリー・スコット
脚本 ドリュー・ゴダード
原作 アンディ・ウィアー『火星の人(英語版)』(ハヤカワ文庫SF)
製作 サイモン・キンバーグ, リドリー・スコット, マイケル・シェイファー, マーク・ハッファム, アディタヤ・スード
出演者 マット・デイモン, ジェシカ・チャステイン, クリステン・ウィグ, マイケル・ペーニャ, ショーン・ビーン, ケイト・マーラ, セバスチャン・スタン, アクセル・ヘニー, キウェテル・イジョフォー
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
撮影 ダリウス・ウォルスキー
編集 ピエトロ・スカリア
製作会社 スコット・フリー・プロダクションズ
配給 20世紀フォックス
公開 2015年10月2日(アメリカ), 2016年2月5日(日本)
上映時間 141分

オデッセイ 感想 レビュー



火星に一人取り残された宇宙飛行士を描いた映画・オデッセイの感想です。
最初から最後までひきつけられる、面白い映画でした。
子供の頃、たまたまテレビを着けたらやっていた映画を見始めたら何故か止まらず、気づいたら最後まで見入ってしまったという経験がある方は多いと思いますが、そんなひきつけて離さない面白さが本作にはあると思います。
正直、良くあるSF宇宙映画の一つかなと思い、あまり期待してはいなかったのですが、予想は良い方に裏切られ、とても面白かったです。

さすがは演技派俳優のマット・デイモン氏、演技の一つ一つにスター性がありますね。
冒頭の怪我を自分で治療するシーンなど、すさまじい緊張感で目が離せませんでした。
巨匠リドリー・スコット監督も、衰えないですね~。エイリアン シリーズ、ブレードランナー、グラディエーターなど、数々の名作を生み出してきた手腕は健在でした。
2017 年には、プロメテウスの続編・エイリアン: コヴナントも公開予定ですので、非常に楽しみです!

本作を見ていて、化学薬品から水を作り出す技術や、プルトニウムを暖房替わりに使うシーンなど、本当にできるのか?と疑問でしたが、科学的な検証も行われ、実際に使用されている技術のようです。
科学的正確性をつきつめるために、わざわざNASAの惑星科学部門の責任者・ジェームズ・グリーン氏を雇ったそうです。最近の映画は力の入れようが凄いですね。
でも、最後の打ち上げシーンの一連の流れ、あれはさすがに非現実的ななんじゃないかと思いますが。。。できるのかな?

90点に足りなかった理由としては、宇宙のSF映画の良作って実は多いんですよね。
特に一人取り残された人の生還もの映画は多い。
本作は、それらの中でもかなり上位だとは思うのですが、一歩抜け出すまでは至っていないかなと。
非常に面白いのですが、今一歩かなと感じた理由はそこです。
とはいえ、一度見始めたら止まらない、魅力のある映画ですので、これならおすすめできます。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ