2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

アデライン、100年目の恋 感想 レビュー 60点


Sponsored Link

アデライン、100年目の恋 映画





(60%)

邦題 アデライン、100年目の恋
原題 The Age of Adaline
監督 リー・トランド・クリーガー
脚本 J・ミルズ・グッドロー, サルヴァドール・パスコウィッツ
製作 ブレット・ラトナー, トム・ローゼンバーグ, ゲイリー・ルチェッシ, シドニー・キンメル
製作総指揮 アンドレ・ラマル, エリック・リード, デヴィッド・カーン, ジム・タウバー
ナレーター ヒュー・ロス
出演者 ブレイク・ライヴリー, ミキール・ハースマン, ハリソン・フォード, エレン・バースティン
音楽 ロブ・シモンセン
撮影 デヴィッド・ランゼンバーグ
編集 メリッサ・ケント
製作会社 レイクショア・エンターテインメント, シドニー・キンメル・エンターテインメント, デューン・エンターテインメント
配給 ライオンズゲート(アメリカ), 松竹(日本)
公開 2015年4月24日(アメリカ), 2015年10月17日(日本)
上映時間 112分


アデライン、100年目の恋 感想 レビュー



アデライン、100年目の恋の感想です。
感想の前に、「100年目の恋」ってサブタイトルに突っ込みたい。
作中では、七十何年かしかたってないのに、何故このサブタイトルにしたのか?邦題を付けた人は、映画見てないのかな?

映画自体は、可もなく不可もなくな話でしたが、あんまりおもしろくはなかったです。
いまいち何がテーマなのか分からなくて、見終わった後に感想が残らない。

何十年も歳をとらない体になってしまった苦悩を描くでもなく、設定はSFなのに終始ただのラブ・ストーリーで、キャラクター設定も中途半端で、正直いまいちでしたね。
最初はナタリー・ポートマンにアデライン役のオファーがあったようですが、この内容なら断って正解だったのかもしれません。

主演のブレイク・ライヴリー氏は、海外ドラマ・ゴシップガールのセリーナ役で有名な方のようです。
確かに、演技は悪くなかったと思いますけど、本作だけではいまいちよさが伝わってこないですね~。

本作が好きな方もいるのに、酷評しちゃって申し訳ないですが、私には正直微妙な映画でした。
なので、おすすめではないです。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ