2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ビリギャル 感想 レビュー 90点


Sponsored Link

ビリギャル 映画





(90%)

邦題 ビリギャル
英題 Flying Colors
監督 土井裕泰
脚本 橋本裕志
原作 坪田信貴
製作 那須田淳, 進藤淳一
製作総指揮 渡辺正一
出演者 有村架純, 伊藤淳史, 野村周平, 大内田悠平, 奥田こころ, あがた森魚, 安田顕, 松井愛莉, 蔵下穂波, 阿部菜渚美, 山田望叶, 矢島健一, 中村靖日, 峯村リエ, 吉田羊, 田中哲司
音楽 瀬川英史
主題歌 サンボマスター「可能性」
撮影 花村也寸志
編集 穂垣順之助, 山本清香
制作会社 フィルムフェイス
製作会社 映画「ビリギャル」製作委員会(TBSテレビ、KADOKAWA、東宝、CBCテレビ、電通、WOWOW、毎日放送、KDDI、RKB毎日放送、朝日新聞社、FLaMme、北海道放送)
配給 東宝
公開 2015年5月1日
上映時間 117分

ビリギャル 感想 レビュー



ビリギャルの感想です。
ずっと貸出し中でなかなか借りられなかった理由が分かりました。
主人公さやかちゃんの頑張る姿にやるきをもらえる、非常に面白い映画でした!

ストーリーは、偏差値40のギャルが、一念発起して慶応大学をめざし、家族や周りの人たちに支えられながら、見事合格するという話です。
ストーリーだけだと地味~な感じですが、家族の軋轢と絆、母親の子を信じる姿、家庭を顧みずに弟に心血を注ぐ父親、父親のプレッシャーにつぶされそうになる弟など、友達との友情なども取り入れることで、エンターテイメントとしても盛り上がる映画になっていました。

模試の時に周りが気になって集中できなかったり、プレッシャーでお腹が痛くなったり、焦って問題用紙が歪んで見えたりなんてのは、大学受験経験者ならあるあるで笑ってしまうかもしれません。
主人公の有村架純ちゃんをはじめ、登場人物は可愛い子が多いので花もあるのも良かったです。
伊藤淳史さんの熱血塾講師の役も良かったですね~。底抜けにポジティブで、あういう演技は伊藤淳史さんがぴったりですね。何故かまたテレビドラマ版「電車男」が見たくなっちゃいました。

まとめますと、ビリギャルは、笑いあり、青春あり、感動ありで非常に良くできた映画になっていました。
興行的にも大成功した人気作のようですし、まだ見ていないようでしたらおすすめです。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ